中華蕎麦 とみ田 つけめん(男盛り)

「中華蕎麦 とみ田」つけめん(男盛り)!ボリューム満点の一杯!

超濃厚な魚介豚骨スープが特徴のつけめんを看板に掲げる「中華蕎麦とみ田」からつけめん(男盛り)を販売。ゲンコツや鳥足などを20時間以上煮込んだ特濃スープ。さらに他店の店主も絶賛する究極の極太麺が450gとボリューム満点!

価格  1,200 (税抜)

入荷待ち
入荷通知はログイン後に利用できます
宅麺スコア
4.41
食べログ
ラーメンデータベース
99.75
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「中華蕎麦 とみ田」のこだわり

20時間煮込んだ最強の特濃豚骨魚介スープ

どろりとした超濃厚な魚介豚骨スープがとみ田の代名詞。ゲンコツや鳥足などを20時間以上も煮込み、旨みを全て抽出し、スープに溶かし込む。さらに、煮干しやサバ節などの魚介を合わせることで、コクとキレをさらに出し、旨みを昇華させている。 パンチのある飲み口ながらも、柚子等を入れることで爽やかな風味を演出。酸味、甘み、辛味も完璧なバランスで仕上げた、まさに最強の特濃スープと言える。

拘り続けた究極の自家製極太麺が、450gに増量しボリューム満点!

もちっとした食感、つるつるとしたノド越し、噛むほどに小麦の香りが広がる極太麺は、他店の店主も絶賛する究極の極太麺。国産小麦を100%使用した『とみ田』専用粉「心の味」は、日本製粉と研究を重ねて完成したPB粉。特注粉を使い仕上げた自家製麺に全粒粉等を配合した自家製麺は、麺だけを食べても美味しく、自慢の特濃スープをしっかり持ち上げる。とみ田だけにしか作れない、唯一無二の究極麺である。(大盛り)の上をいく(男盛り)は麺重量450gとボリューム満点だ!

ラーメン業界トップを走り続ける!中華蕎麦とみ田

今やラーメン業界にて圧倒的存在感の「中華蕎麦とみ田」。全国から多くのお客様が味を求めて食べにくる。そのため、連日早朝から、その整理券を求めて連日大行列ができる。つけ麺の元祖「東池袋大勝軒」の味に惚れ込んだ、富田店主は、「茨城大勝軒」グループで6年間修業を積み、”こだわりのある店”というコンセプトを掲げている富田店主は、現在も、毎日「中華蕎麦とみ田」の厨房に立ち、自らの手で提供することにこだわり続けている。 富田店主の"真摯に、そしてひたむきに味とお客様と向き合う心意気を感じて下さい。

店主・店舗

店舗情報

店舗名 中華蕎麦 とみ田
住所 〒 271-0092
千葉県松戸市松戸1339
電話番号 047-368-8860
営業時間

10:30~売り切れ次第終了(17:00位)

定休日

水曜日※不定期にお休みさせていただく場合がございます。

店主情報

富田治

好きなラーメン屋

メディア掲載歴

雑誌・TV多数

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、具入りスープ(チャーシュー、メンマ)

内容量

総重量750g(麺450g)

原材料名

麺(小麦粉、玉子、オリゴ糖、かん水、加工でんぷん(打粉)) / 具入りスープ(動物エキス(ポーク、チキン)、醤油、魚介エキス(鯖、煮干、鰹)、豚肉、砂糖、野菜エキス(長ネギ、タマネギ、生姜)、メンマ、醸造酒、ごま油、乾燥スープ、風味調味料、香辛料/調味料(アミノ酸等)甘味料(甘草)酸味料)(一部に小麦・大豆・牛肉・ゼラチン・ごまを含む)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2019-02-08 きんかん (30代/女性)

5.0点
半端ない

男盛りとだけあって、すごい量になりました。でも美味しいので食べ切りました。

2020-07-06 kenken (40代/男性)

5.0点
家族でシェアして

とても1人で食べられる量ではないので、麺は家族で分け、スープは2020本店仕様の余りなど3種類を用意し、皆で食べ比べて楽しみました。
とみ田の麺はやっぱり美味しいですね。
宅麺は家族と食べたい時間に食べたい場所でのんびり食べられるのが魅力だなぁとしみじみ思います。

2020-06-27 はしおき (40代/男性)

5.0点
インパクト強。

つけ麺は味がきついのにあたることが多くどちらかというと苦手なのですが、評判を聞いて購入。
麺は極太で9分茹ででもあごがつかれるほどの噛み応えがあり量も尋常じゃない。
つけ汁は濃厚なのにクリーミーで香りが良い。いくらでも入る。麺の量に全く不足ない量。
普通の大人なら3人でシェアしても十分満足でき、味、量ハイレベルでコスパ最強でしょう。
つけ麺はうまいものという認識に変えてくれました。

全てのレビューを見る