宅麺レビュー 最新の宅麺レビューと、レビュワーランキングを公開しています。 takumen,ramen,ラーメン,つけ麺,レビュー,口コミ

レビュワーランキング

1 アーリー

レビュー投稿数:298
1 ten

レビュー投稿数:296
1 ララ

レビュー投稿数:257
1 オアシス

レビュー投稿数:161
1 JUVENTINO

レビュー投稿数:150
1 麺類大好き

レビュー投稿数:133

1 mourre

レビュー投稿数:113

1 ラーメンマン~塩・醤油派~

レビュー投稿数:109

1 an

レビュー投稿数:82

1 ミモラ

レビュー投稿数:81

※ハンドルネームをクリックすると、その人の最新レビュー10件が表示されます。
※承認されたレビューの投稿数によるランキングです。

最新レビュー

2020-04-01 蔭山樓
★★★★★ 5.0点
蔭山樓×丿貫
スープは胴ガラでは出せない手羽ガラ特有のコクとコラーゲンによるトロみに溢れており、そこに海老の香味油と豚脂と柚子ピールで香ばしさと旨味と酸味をプラスした、クリーミーかつフルーティな爽やか鶏白湯となっています。麺は開化楼らしい強い弾力とエッジの鋭い角刃中太麺。具は蒸し鶏と揚げ白葱がスープに入っており、別パックで業務用レモン果汁も付いてきます。ですが今回の真の目的は残ったスープに丿貫の煮干和え玉とニンニクを絡めて味わう事。煮干と鶏白湯の相性の良さは言わずもがなですが、蔭山樓のトロットロ鶏白湯と丿貫の濃厚煮干ペーストの超豪華Wスープは想像を遥かに上回る鳥肌モノの美味しさ。海老丸と丿貫の組み合わせも最高でしたが、こちらもかなりヤバいです。
★★★★★ 5.0点
海老丸×丿貫
スープは殻を炒って香ばしさを分かり易く引き出した昨今の海老ラーメンと異なり、ブランデーで焼くビスク風の穏やかなオマールスープに鶏白湯と節をうっすらと合わせ、海老一辺倒ではなく全体の調和と香りとまろみを重視し、塩気を抑えオマール特有の風味を充分に引き出したフレンチとラーメンの融合スープとなっています。麺はタリオリーニのような形状のモチモチ平打太麺、トッピングはトロットロにとろける角煮状の豚バラチャーシュー1塊と小エビのソテー3尾に海老と相性の良い木耳のマリネが2切れ。お店には呑みに行った事もあり家からも比較的近いので本来は宅麺を利用するまでもないのですが、今回の真の目的は残ったスープに丿貫の煮干和え玉とニンニクを絡めて味わいたかった為。丿貫のオマール蕎麦を食べた方なら分かるであろうナンチャッテ再現技ですが、ドロドロ海老スープの薄甘さとニボ玉の塩辛さが絶妙にマッチし、潮の香りがフュージョンして旨味が大爆発を引き起こします。宅麺ならではの贅沢な再現裏技、かなりお勧めです。
2020-03-31 夢を語れ東京
★★★★☆ 4.0点
他のインスパイアと比べて少し麺が細い?
スープは非乳化寄り、甘めのカエシがグイグイスープを飲ませてくれる。美味しい。 そのスープに対して若干麺が細いような気がする。 麺自体はとてもおいしいので好みの問題だと思う。 豚は3センチ強の厚みのある脂身が少ないニクニクしいもの。 全体的に美味しかったが、リピはしないかな。
2020-03-30 ラーメン神豚
★★★★☆ 4.0点
よくまとまっていて美味しい
スープは脂の見た目は多いが思ったよりあっさりで、塩気も丁度良かった。麺は指定時間の一番短い6分茹ででも少し柔らかめ。チャーシューは脂の層がきれいなバラチャーシュー2枚で75g、とろけるように美味しかった。辛いやつを全部入れてもそれほど辛くなく、辛辛魚のつけ麺は辛すぎて無理な私でも味変としてアリ。
2020-03-30 麺屋桐龍
★★★☆☆ 3.0点
くさみが強い
美味しいけど、あまりにくさみが強いので他のインスパイア系のほうが好みでした。
★★★★☆ 4.0点
デフォでメンマ付きなら尚良し
追加トッピングはモヤシとキャベツ、メンマと生卵。もちろんニンニクも。かなり久しぶりの再食。麺はワシワシで食べ応えがあるが、麺量が200グラムとやや少なめ。豚は3枚。サイズはやや小ぶりだが味染みもよく、今回はトロトロでとても美味しかった。スープは醤油がやや立った微乳化系でカラメ。味変の辛魚粉も個性的で中々良い。総じて美味しいだけに麺量が少ない点と、ビリーらしさ出すならデフォでメンマも欲しかった所。
★★★★★ 5.0点
宅麺営業さんGJでした
アリラン、二郎、竹岡式のハイブリッドと言われている通り、二郎インスパイアではなくあくまでアリランと竹岡式がベースとなっており、そこに二郎っぽさを足してみたという感じのラーメンです。という事で麺はオーション配合の二郎系っぽい低加水極太平打麺、スープは説明書きにある通りキリリと醤油が立ち黒胡椒もピリっと効かせたうまじょっぱい濃口醤油スープ、具は噛み応えのある豚バラ角切に玉葱とニラがたっぷり。今回は実店舗同様に刻みニンニクと生姜と背脂を加えて頂きましたが、刻みニンニクと背脂を加えると二郎寄りに、おろしニンニクとラー油を加えるとアリラン寄りに味を変えられると思います。スープはたっぷりとあるので、生卵ですき焼き風にするなりライスにかけるなり小分けして後日に頂くなりと色々な楽しみ方が出来そうですが、この内容で実店舗と50円しか変わらない価格での販売とはちょっと驚きました。文句無しにお買い得です。
★★★★☆ 4.0点
まさに豚白湯
ここ数年流行りの鷄白湯っぽい味わいの中に豚の味もしっかりして、スープ美味しかったです。 チャーシューもしっかりしたものが2枚入っててなかなか。 メンマは味がちょっと強すぎて邪魔かもしれません。 全体的に美味しく頂けました。
★☆☆☆☆ 1.0点
肉が少なすぎる・・・
肉が少なすぎてがっかり。豚丼の上に乗ってるような薄い豚バラ肉が3.4枚。 他の人のレビューだと肉はたくさん入ってるとあったのに。 お味もちょっと私には薄すぎて、もっと濃くてガツンと来るのを想像してたので、微妙な感じでした。 個体差なんですかね?だったら結構酷いです。
2020-03-29 頑者
★★★★★ 5.0点
池袋頑者との比較
20年くらい昔に真冬の本川越までバイクを飛ばして食べに行って以来の頑者本店です。付属チャーシューは拍子木バラチャーシューとコリコリ薄切メンマが各3本。麺は池袋がツルモチの平打太麺なのに対して、本店はムチグチでエッジの立った角刃太麺。麺のコシは本店のほうが圧倒的に強く、池袋はモチモチ感と喉越しを楽しむタイプです。つけ汁は穏やかで優しい豚骨魚介のWスープですが、魚粉を加えると酸味と食感が加わり、頑者らしいパワフルな味に変化します。本店は鶏のゼラチン質が多く溶け出しているものの、トロみは弱くサラサラで、池袋よりも魚介の風味が強く、塩気が主張したタイプ。池袋は本店よりも動物系が強く、六厘舎系やこうじ系のようにドロドロで、旨味甘味を感じるタイプでした。20年前の本店の味は鮮明には覚えていませんが、どちらかというと池袋よりも成増のほうが近い印象を受けました。味は完全に好みの問題ですが、自分は池袋の超濃厚ドロドロタイプよりも濃厚サラサラタイプの本店のほうが好きです。
★★☆☆☆ 2.0点
第一旭と同時購入したため、比較するとそれより味が濃くなかったので良かったのですが、インパクトがなかったように思います。両方ともトッピングの焼き豚が薄くていまいち。こちらで2回目の購入となり、6食目になりますが、もガツンとくるものには出会えていないです。自分のなかでは2トップの故佐野実氏、荻窪・春木屋を超えるラーメンを早く食してみたい。
2020-03-29 俺の生きる道
★★★★☆ 4.0点
お腹めっちゃ空いている時この一杯
スープが美味しくて、肉も柔らかい、そしてとにかく麵の量が多い。たぶん今まで注文した麵の中、量が一番多いかもしれない。二郎品川と神保町店の量に匹敵する。
★★★☆☆ 3.0点
スープがしょっぱい
豚5枚入りとか目がひかれそうな書き方してるが、5枚合わせても他の店舗の1枚もいってない感じ。肉自体めっちゃやわらかったのに残念。自分がたまたまはずれかもしれないが、スープがとにかくしょっぱくて、おかしいレベルの塩分が入っていると思う。
★★★★★ 5.0点
鶏の旨味抜群でハイレベルな一杯
追加トッピングはネギと小松菜と味玉。麺は中太の縮れ麺、プリモチ食感。具材は結構豊富でチャーシューは柔らかく、鶏肉もジューシーで美味しい。キンカンのトッピングも中々面白い。スープは「ザ・鶏」と言えるほど鶏の旨味が十分で、やや塩辛くもあるが適度な甘味が白醤油のスープにコクを与えている。スープを覆った熱々の鶏油もコク深く良い。麺と具材とスープ、全てがハイレベルな一杯に感じた。
★★★☆☆ 3.0点
普通のラーメンかな?
期待していただけに、可もなく不可もなしってところ。至って普通のラーメンというべきでしょうか。スープは前回注文したものとは違い煮干し臭くはなかったものの、自分にはオーソドックスな醤油味でしか感じられず特徴は見出せなかった。
★★★☆☆ 3.0点
スモーキーなカツオ出汁と甘い醤油をどう評価するか
追加トッピングはネギと味玉と海苔。麺は中細の手揉み、茹で時間は3分弱。具材は厚切りのバラチャーシュー2枚と拍子切りの極太メンマ。チャーシューは残念ながら硬く、メンマは既製品の様な味。スープは燻された様なカツオ節の風味がかなり強く、醤油は甘い。個人的にはカツオが主張し過ぎだし、甘い醤油仕立ては嗜好に合わず。シンプルな醤油ラーメンなので、この辺の好みは地域性もあるかと思う。好きな人は好きでしょう。
2020-03-28 夢を語れ東京
★★★★☆ 4.0点
他のインスパイアと比べて少し麺が細い?
2020-03-28 大勝軒いぶき
★★★☆☆ 3.0点
スタンダード
麺は歯切れよく食べていて心地良い。スープは魚介醤油の見本のようなよく知っている味。悪くはないけど1000円越えでは…
★★★★☆ 4.0点
麺が独特な「味噌ラーメン」
平打ちのきしめんのような麺です。食感が良好。味噌は乳化感は良く判りませんが、脂もたっぷりのドロ系味噌です。ブタは脂身多め、厚さは程々、とろける良い出来。総じて脂・塩味とも濃いめなのでヤサイは確かに必須です。ニンニク・ショウガを追加したので、より味噌ラーメンとして良好な出来となりました。やはり二郎を想像するとちと違いますね。
2020-03-28 ハイマウント
★★★★★ 5.0点
ジャンクガレッジ系です
二郎インスパイアというかジャンガレ系のお店です。なのでまぜそばが有名ですが、店に行った時はラーメンを食べてしまったので、まぜそばは今回が初です。まず麺が開化楼の縮れ極太麺なので初期のジャンガレを思い出しますね(パックの袋も開化楼製です)。タレもインスパイア系御用達のカネシ緑ラベル(二郎直系は紫ラベルでしかもとっくにカネシ使ってませんが)に黒胡椒を効かせたスパイシーなタイプ、ブタもフワトロの極厚バラロール、付属トッピングにはベビースターとフライドオニオンにブタカスアブラと全てがジャンガレ感満載。という訳で卵黄とニンニクと少々のヤサイに加え普段は入れないチーズとマヨネーズもブーストして久々のジャンガレスタイルを満喫しました。ベースはバランス型ですが、濃口で下品にチューニングしたほうがコレ系の味は楽しめます。