宅麺レビュー 最新の宅麺レビューと、レビュワーランキングを公開しています。 takumen,ramen,ラーメン,つけ麺,レビュー,口コミ

レビュワーランキング

※ハンドルネームをクリックすると、その人の最新レビュー10件が表示されます。
※承認されたレビューの投稿数によるランキングです。

kenkenの最新レビュー

★★★☆☆ 3.0点
チャーシューはハイレベルの逸品
まろやかな乳化スープでマイルドな豚骨醤油スタイル。トッピングはコリコリのメンマと厚めの軟らか肩ロースチャーシューが3枚。別袋の背脂ニンニクを加えるとラーショっぽい味に変化します。徳島ラーメンは王王軒本店、いのたに鳴門店、春陽軒、巽屋、東京ではうだつ食堂、ほんまやで食べた事がありますが、こちらも同じ茶系なもののシャープな甘辛醤油味ではなく、豚バラ煮もついていないのでライスのお供としては微妙。美味しいですが、個性的なご当地感はないので、取り寄せるほどでもないかな、と思ってしまいました。
★★★★★ 5.0点
バリカタに茹でられない方用に
まず料理の基本として、冷凍生麺の冷蔵解凍・常温解凍は極太麺・極細麺に限らず絶対NG。解凍の過程で麺が水分を吸収し、本来の食感・風味・鮮度の全てが台無しになるので、必ず冷凍状態のまま最低2リットル以上の沸騰した熱湯で湯がきます。手鍋などの1リットル程度だと温度が著しく下がるのでこれもNG。麺を入れ、ひと呼吸置いてから手早くほぐしてすぐに上げれば店と同じバリカタに仕上がります。麺入れから麺上げまでは約10~15秒程度です。解凍しない、最低2リットル以上の沸騰した熱湯、麺はほぐすだけ、この3つを守れば必ずバリカタに仕上がりますのでお試し下さい。(宅麺の公式動画にも同じようなHow toがあります)
★★★★★ 5.0点
気合で炊かれた本格派ド豚骨100%
スープは骨粉のざらつきも残る超濃厚純正豚骨。久留米の大砲ラーメンに似ていますが、臭みはあるものの極力抑えられており、ラードも使われていないようでクドさもさほど感じませんでした。付属のトッピングは厚めで軟らかいチャーシューが1枚とキクラゲ、紅生姜、辛子高菜。替え玉付きですが、スープのカエシが2玉目だと薄くなるので、紅生姜と辛子高菜は苦手じゃなければ替え玉と一緒に使うとよいです。
2019-07-08 麺処 井の庄
★★★★☆ 4.0点
カスタマイズ性が今一歩
トッピングはトロトロに軟らかく煮られた角材メンマと角切バラチャーシュー。つけ汁はドロドロ豚骨魚介に甘味酸味を足した六厘舎タイプ。実店舗だと辛さは「控えめ」「普通」「激辛」の3レベルから選べるけど、宅麺のものは別パックの特製ラー油と辛魚粉を全部入れた状態で「普通」レベル。麺は四角い中太ストレートでお店の並盛より少なめの量ですが、お店で頂く時はいつも無料の中盛と太麺変更でお願いしているので、このあたりが反映されたバージョンも出してくれると地方の方には喜ばれるんじゃないかなと思いました。
2019-07-08 麺処 井の庄
★★★★☆ 4.0点
辛魚粉とラー油は好みで調整可
ザックリとした平打中細麺と六厘舎に似た濃厚豚骨魚介スープ。そこに別パックの特製ラー油と辛魚粉を加ええば辛辛魚らーめん、何も加えなければ中華そばと2種類の味を楽しめるようになっています。トッピングの大判バラチャーシューと角材メンマも店舗と同じもので、どちらも元々歯応えのないトロトロタイプです。
2019-06-30 ラーメン神豚
★★★★☆ 4.0点
辛いやつは別商品の味噌とかに使うのがオススメ
スープは旨味系こってり乳化豚骨。インスパイアされた二郎関内店より乳化が進んでいて口当たりはまろやか。豚はやや歯応えを残した大きめのバラロールが2枚。麺は切刃12番手の平打で、指定より大分早い4分半であげたものの食感はゴワゴワというよりポクポクとした感じ。実店舗ではカタメで頼んだのにヤワ麺が出てきたという知り合いが何人かいましたが、オーション使用ではあるものの麺自体がそういう造りなのかもしれません。  この商品は先日まで種別検索の味別一覧だとインスパイア系はおろか何にも属されていなかったので、二郎系が好きな会員でもラインナップに並んでいる事を知らなかった方は結構いると思います。(現在は修正されたようです)
2019-06-15 蒙麺火の豚
★★★★☆ 4.0点
餡が溶けなかった、ダマになったという方に
まずとろみ付けに使われているデンプンは唾液に含まれるアミラーゼで分解する性質がありますので、丼内に箸を何度もつけていく内に溶けてゆき、次第にフュージョンするようになっています。またこのメニューの楽しみ方として、二郎風のスープと中本風の麻婆餡が徐々に交わり食べ進むにつれ味が変化するという点にありますので、これらの理由からも餡は最初からかけて食される事をお勧めします。途中から足して一気に溶かしたい、若しくはつけ麺にしたいという方は、大根のおろし汁(非加熱)を少しかけると餡がとろけますのでお試し下さい。で、こちらのメニューは南越谷店でしか食べた事がないのですが、宅麺(久喜本店)の味は南越よりマイルドで、麺も南越に比べ加水率がやや高くプリプリ感がありました。
2019-06-13 風雲児
★★★☆☆ 3.0点
店内で体感してこその風雲児
麺はつるつるでコシの強い多加水中太縮れ麺。トッピングは魚粉と細長コリコリメンマと歯応えを残した小角切り軟らかバラチャーシュー。つけ汁は甘味酸味を程々に効かせたトロミのある濃厚鶏白湯魚介。風雲児は池袋無敵家の様にもはや観光地化しており、外人客ばかりでいつも並ぶため今回は宅麺を利用してみましたが、やはり風雲児は三宅さんのパフォーマンスも込みで風雲児の味になるのかなと食べながら思いました。あと評価とは無関係ですが、麺が塊状で冷凍されていたので、全てほぐれるまで5分ほどかかり、外部と内部で茹でムラが出来てしまいました。
2019-06-08 くり山
★★★★★ 5.0点
魚粉の有無が味の分かれ目
麺はうねりのある四角い太麺で強力なコシ。トッピングは海苔と魚粉とコリコリの細長メンマと拍子木切りにされたトロトロのバラチャーシューが2本。つけ汁は液体油でトロリと乳化しており、素の状態だと豚と鶏と昆布のバランスが非常に良く旨味も濃厚。この旨味が妙に爆発しているなと思ったら、麺に昆布粉が練り込まれていたのですね。そして何より麺とつけ汁の相性が抜群で、ここまでの一体感を出している店も滅多にないのではと思うレベル。ただここに魚粉を加えると、折角丁寧に取られた出汁の風味が一気に崩れ、奥に隠れていた化学的な甘味が顔を出し、瞬く間に只のマタオマ系へと変化します。六厘舎と大勝軒の猛々しい甘味と魚感が欲しい場合は魚粉有り、素材本来の洗練された旨味をストレートに味わいたい場合は魚粉無しで食されるのがよいかと思います。
★★★☆☆ 3.0点
無鉄砲のラーメンほどの中毒性は感じられず
何年か前に環七のお店で食べた事はあったけど、味を良く覚えていないので宅麺で再食。麺は粉の詰まったうねりのある太めの多加水卵麺。調理時間15~17分とあるけど、夏場なら10分強ほどで充分かも。トッピングは硬めのメンマと横三切サイズの板海苔が1枚と柚子ピールと煮凝りっぽい味がするブリブリのバラブロックチャーシューが4ヶ。つけ汁は豚骨臭強めで、油は分離しているものの器に移してから箸で軽く攪拌するとボッテボテに乳化します。今回とみ田・たけ井・池袋頑者などと食べ比べましたが、油分とたんぱく質によるボテボテ度は無鉄砲が圧倒的に高かったです。最後は実店舗と同じようにゴマと紅生姜と自作の醤油ニンニクを少々トッピングして味変。 とみ田たけ井のような甘味酸味の添加がなくほぼ塩味オンリーなのは好みに合ったけど、リピートはしないかな。自分的には、無鉄砲の破壊力というか真価が発揮されるのは、やっぱりラーメンだなと思いました。宅麺でつけ麺が気に入った方には実店舗のラーメンもお勧めします。
★★★★★ 5.0点
とみ田・たけ井との比較
とみ田&たけ井つけそばとの食べ比べで購入。麺はうどんのようなリングイネのような、しなやか滑らかな平打ちタイプ。10分であげたところ、モッチリとした弾力はあれど強い歯応えは残らなかったので、グチっとした食感が好きな方は8分くらいであげたほうがいいかもしれません。コシはとみ田たけ井のほうが明らかに強いです。トッピングは魚粉と幅広で厚みのないコリコリメンマと軟らか拍子木切りチャーシューが2本。つけ汁はトロトロの濃厚豚骨魚介で、頑者本店の出汁にゲンコツ豚足モミジを強くしたイメージ。とみ田たけ井のつけ汁と横に並べて味を比べましたが、粘度と濃度はどれもほぼ変わらなかったです。とみ田たけ井は口当たりがねっとりで甘味酸味が強く、池袋頑者は口当たりがまろやかで酸味はなく甘味は控え目。池袋頑者のつけ汁にとみ田の麺を絡めたら1番ハマりましたが、宅麺はこのような実店舗では実現不可能な組み合わせも試したり出来るのがいいですね。
2019-06-02 麺屋 たけ井
★★★★☆ 4.0点
とみ田・池袋頑者との比較
とみ田&池袋頑者つけ麺との食べ比べで購入。麺はとみ田と同じ四角い極太の全粒粉麺ですが、とみ田より胚乳が多く、そこまで黒みがかってはいません。とみ田同様に詰まった歯応えはあるものの、こちらのほうがもっちりソフトな食感をしています(一般的な麺よりは充分ハードですが)。トッピングは極太のコリコリメンマ1本と、弾力のあるバラブロックが1つ。イメージ画像の下部にも注意書きされているように、画像のようなグリルパンで焼き目を付けた大判スライス2枚はついてきません。つけ汁もトロトロザラザラの濃厚豚骨魚介でベースはとみ田や池袋頑者と良く似ていますが、柚子ピールはとみ田ほどの主張もなく、甘味酸味も充分効いてはいるもののとみ田ほどキツくありません。宅麺で人気のマタオマ系つけ麺で、甘味酸味柑橘香が大好きならとみ田、そこそこ好きならたけ井、苦手なら池袋頑者と使い分けられる感じでしょうか。
★★★★☆ 4.0点
つけそばとの比較
つけそばとの食べ比べで購入。麺の四角い形状とモチモチプリプリの食感はつけそばと同じものの、一回り細い上に水でしめないので芯の強い弾力とブツっとした歯切れ感はありません。チャーシューはつけそばと同じ軟らかいバラロールスライスが2枚。メンマもコリコリの極太タイプで、こちらもつけそばと同じものが使われています。スープはつけそばに比べややさらっとしているものの、濃厚な豚骨魚介の風味自体は変わらず。カエシに柚子ピールと甘味酸味が添加されていないので、とみ田のスープの素の姿が味わえますが、麺はつけそばに使っているものの方が完成度は高いので、使い分けが悩ましいところです。
★★★★☆ 4.0点
所謂マタオマ系
麺は四角い極太タイプ。おそらく胚芽とブラン多めの全粒粉麺で、色が田舎蕎麦のように黒みがかっています。芯の通ったもっちり食感で、風味もよく抜群のクオリティ。トッピングは歯応えのある極太メンマ2本とトロットロのバラロールスライスが2枚。つけ汁はコラーゲントロトロ魚粉ザラザラの濃厚豚骨魚介。大勝軒のように甘味酸味を効かせたタイプで、柚子ピールの香りが前面に立っています。 麺に限っては塩だけでも美味しく頂けるハイレベル且つ個性的な逸品ですが、つけ汁に関しては今や世に溢れた味となってしまっており、そのあたり没個性に感じてしまう人もいると思います。
2019-06-01 魔人豚
★★★★★ 5.0点
二郎めじろ台と新小金井の流れを汲む本格派
平打の縮れ麺は5分茹ででスープを良く吸い込む茶色がかった旨味たっぷりのゴワ麺になりますが、7~8分茹でてグチっとした食感に仕上げたほうが実店舗の味に近くなります。ブタは厚さ約5ミリのバラロールが2枚、食感は軟らかく味付けは濃い目なので多めのヤサイと一緒に。スープは超微乳化で醤油の輪郭がクッキリしたシャープでコクのあるカラメ仕様。また液体油が5ミリ強ほどの層になっているので、ヤサイは実店舗と同じようにキャベツ多めで天地返しをすると味が落ち着きます。 め二郎とコガジ(昨年閉店)という2つの二郎で勤務経験のある店長さんのお店ですが、魔人豚は味のカラーとしてはめ二郎(移転前)のほうが色濃く出ている気がします。シャキヤサイに付属の白アブラをかけて麺はチョイデロにすると一昔前のめ二郎っぽくなるので、宅麺のインスパしか知らない二郎直系未経験の方でも雰囲気程度は味わえると思います。
★★★★☆ 4.0点
丁寧に手間暇かけて仕込まれた乳化系インスパイア
麺は平打の中太ストレート。見た感じ加水率が低そうだったので、表記よりやや早めの5分半茹でにしたところ、程よい硬さのプリプリコリコリ食感に。豚は巻かずにブロックのまま仕込まれ横長2ミリ程度にスライスされたバラ肉で、短めに煮込まれているので厚切りハムのような強い弾力があり、肉の旨味が外に逃げずにしっかりと内包されています。豚骨スープは無鉄砲のような乳化タイプで、臭みもなく塩味・甘味・旨味の調和がとれた、角のないまろやかな味。食材の扱いに気を配りながら長時間丁寧に仕込まれているのが分かる、クリーミーで暴力性のない優しい一杯でした。
★★★☆☆ 3.0点
泥のような超ド乳化ドロドロスープ
角ばった平打麺は5分茹ででワシワシとポクポクの中間くらいの食感に。ブタはバラ肉で厚さ5ミリ強程度のものが1枚、大きさ味軟らかさ共に平均的。スープは骨粉のざらつきが残る、天一を更に煮詰めたかのような超ボテボテのド乳化タイプで、ツンとした酸味があり、根菜と生姜の香りも強め。ドロついている分塩気を強く感じ、後半はやや単調になってきます。容姿とスタイルを模しただけのインスパイアらしいインスパイアで、味や中身は二郎とは別物ですが、ボッテボテのド乳化スープが好きな方にはお勧め。二郎を意識せず他系統のラーメンとして考えたほうが逆に楽しめると思います。
2019-05-25 和蔵
★★★★★ 5.0点
様々なインスパイアを組み合わせて作り上げた二郎インスパイア
麺は四角く表面ツルツル中ゴワゴワの低加水で、二郎系ではかなり細めの部類ですが、4分茹でで最後までデロつく事なく硬さを維持しました。スープは微乳化で開封時に漂う香りは二郎というよりラーショっぽく、背脂はがんこスタイルの細かい微粒ですが、味は甘味よりも醤油のキレが強くコクも深みもあり、味はしっかり二郎しています。トッピングは幅広のコリコリメンマと薄くて軟らかいバラロールチャーシューが1枚で、こちらからは環七っぽいエッセンスが感じられます。諸々の要素は二郎っぽくないけど、複合したテイストは二郎に近いという良く考えられた一杯で、味も大満足でした。ただ豚の量と麺の太さに不満を言う人は出てくると思います。
★★★★★ 5.0点
宅麺のインスパイア系ではトップクラス
スープは微乳化で強い旨味と深いコクがあります。塩気はやや濃い目なので、茹で野菜と馴染ませると丁度良い塩梅になります。また、液状油はそこまでオーバーな量でもないので、クドさは比較的に抑え目です。 麺は幅3~4ミリ程度の平打で、茹でている時の菜箸の感触からもしっかりとしたワシワシ感が伝わってきます。調理例通り4分であげると、トッピングを終え麺を食べる頃には絶妙な強さの歯応えに仕上がっていました。 豚は味の染みたホロホロに軟らかいウデ肉が1枚と小さい角切りが2ヶ。味付きアブラは野菜にかけても良し、麺をつけても良しと用途は自在。 富士丸ファンなら満足出来るであろう一杯だと思います。
2019-04-17 麺屋桐龍
★★★★☆ 4.0点
臭い次第
麺は平打でうねりのある低加水麺。スープと絡み、よく吸い上げる分伸びやすいので、ややゴワついた状態で茹であげないと終盤はデロついてきます。 ブタは軟らかいバラロールと噛み応えのあるウデが1枚ずつ。直径5cm弱、厚さ5mm強くらいの大きさで、インスパイア系の平均的な味。 脂は甘味があり、量の割にそこまでクドさもなく、スープにも充分な旨味が詰まっていますが、かえしは醤油が濃い目で攻撃的。 とにかく豚骨特有の臭みが強いので、長浜や久留米の味が苦手な人の好みからは外れるかも。