ラーメンまとめ

ここだけは絶対に押さえておきたい!岐阜で人気のラーメン店10選


日本のほぼ真ん中に位置する岐阜県。その県庁所在地である「岐阜市」は名古屋から電車で20分、駅周辺は高層ビルが立ち並び、都会の様相を見せます。一方で、鵜飼が有名で日本三大清流の一つである長良川や、天然林豊かな金華山など、美しい自然も満喫できる贅沢な二面性を兼ね備えた都市です。今回はそんな岐阜で人気のラーメン店10選をご紹介します!

2021年10月26日 更新
ここだけは絶対に押さえておきたい!岐阜で人気のラーメン店10選 - サムネイル
ナシナシバナー_宅麺マガジン


(1)親しみやすく美しい一杯を提供する|ラーメン イロドリ




ラーメン イロドリの魅力


県道152号線から住宅街に入っていくと、カラフルで大きな看板が現れます。
そのお店こそ自家製麺と鶏スープのラーメンを提供する「ラーメン イロドリ」です。

麺は店舗に備えた製麺室にて自家製し、北海道小麦を使用して作っています。
盛り付けの美しさや、豊富なメニューで女性にも人気となっており、駅から少々遠い立地にも関わらず、行列の出来る人気店です。

清潔な店内、手書きのポップ、営業状況をこまめにSNSにアップするなど、初めての人も、常連さんにも「わかりやすく気持ちよくラーメンを食べて欲しい」という、行き届いた心遣いを感じます。
トッピング無料券の配布など、早めに並ぶと良いことあるかもしれませんよ!


これが定番:特製イロドリラーメン


こだわりの麺は、中細ストレート。
低温調理された、鶏チャーシュー2枚と豚チャーシュー2枚、さらに味玉まで乗った贅沢な一杯で、トロリと濃厚なのにくどくない鶏白湯スープが絶品です。


【営業時間】11:00~14:00/18:00~21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】月曜日
【Twitter】@irodoriotayori
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/95343.html



(2)濃厚豚骨醤油でご飯がすすむ!|家系ラーメン 稲葉家




家系ラーメン 稲葉家の魅力


ここを語らずに「家系」は語れない!といっても過言ではない、王道家出身の店主が提供する「家系ラーメン 稲葉家」。
関東近辺に店舗が集中する王道家グループですが、岐阜で本物が味わえる貴重な店舗で2021年8月に3周年を迎えました。

スープは惜しげもなく大量のガラや豚骨を使用した、濃厚で深みのあるスープ。
麺は家系の代名詞である中太の平打ち麺を使用。
さらに、テーブルの調味料や、ニンニクも本家同様に充実しています。

王道家の重要な教えである、お客様に気持ちよく食べてもらうための接客や目配り、気配りも行き届いています。
まさに、味も人柄もファンから愛されるお店です。


これが定番:ラーメン


とろみのある濃厚なスープには、臭みや癖がなく、箸が止まらない一杯です。
半ライスと海苔マシを忘れずに!


【営業時間】11:00~14:00/18:00~21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】日曜日・第4火曜日
【Twitter】@oudounosirusi
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/112369.html



(3)ラーメンのどれを取ってもレベルの高い一杯|らぁめん りきどう




らぁめん りきどうの魅力


岐阜駅から長良川を越えて、車で10分。市街地とは言え、決して好立地とは言えないところにありますが、客足の絶えない「らぁめん りきどう」。
オープン前から行列が出来ることが多いので、早めの訪問をオススメします。

店内は、白を基調とした清潔な厨房を囲むカウンター10席ほどで、醤油と小麦の香りが立ち込める店内に、ワクワクが止まりません。
麺は、太さの種類を細麺から凄平麺までの4種類あり、自分の好みで太さを選べるのが嬉しいポイント!

分厚く、ホロホロに煮込まれたチャーシューも人気の秘訣で、すするというより「ガッツリ食べるラーメン」を楽しめます。


これが定番:つけ麺(凄平麺)


40mmの麺は、歯ごたえと小麦の香りが楽しめるだけでなく、甘みを感じる醤油スープとの絡みも良く絶品です。


【営業時間】11:00~15:30/17:30~22:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】不定休
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/65171.html



(4)ファンが増え続けるおもてなし|麺坊 ひかり




麺坊 ひかりの魅力


多くの飲食店が建ち並ぶ県道沿いにある「麺坊 ひかり」。
黒を基調としたおしゃれな店舗で、BGMもジャズやジブリなど、親しみやすくおしゃれですが「雰囲気だけ」なんて侮るなかれ!
行列が絶えず、スープや麺が無くなるため、早仕舞いなんてこともある人気店です。

限定メニューやオペレーションにも大変気を配られているとのことです。
コロナ禍となった今も消毒のタイミングや待ち方など、私たちにとって最善の方法を考えてくれています。

カウンターから聞こえてくる、常連さんとの会話も心地よく、地元の方から愛されているのがすぐにわかります。


これが定番:柳麺(塩)


美しく透き通った、和風魚介スープのからは、鶏ガラと豚骨のうま味を感じます。
炭火焼の豚チャーシューの香ばしさと相性抜群!
あっという間になくなってしまう美味しさです。


【営業時間】11:00~14:00/18:00~21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】火曜日・水曜日
【Twitter】@hikargtime
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/7752.html



(5)受け継がれる The Japanese Ramen|丸デブ 総本店




丸デブの魅力


日本ラーメンの元祖と言われている、浅草来々軒の出身である店主が創業し、100年を超える歴史を持つ「丸デブ 総本店」。
岐阜駅から車で5分、メインストリートの一角にあり紫の暖簾が目印、店内は時代劇の蕎麦屋のような昭和レトロなつくりとなっています。

メニューも創業当時からかわらず、中華そばとワンタンの2種類のみ。
スープもショウガが香る深い醤油味のシンプルなもの、蕎麦の親戚のような味わいに、年齢を問わずファンが多いお店です。

提供も早く、席数は少なくないものの、行列が絶えない名店で、
ラーメン好きならば、一度は食べておきたい味わいです。


これが定番:中華そば


チャーシュー・ネギ・蒲鉾というシンプルなトッピングは、まさに昔ながらの醤油ラーメン!
優しく沁みる醤油スープと柔らかめのストレート麺が絡む定番の一杯です。


【営業時間】11:00~17:30
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】6日・16日・26日
【Twitter】

【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/9641.html



(6)愛され続ける地元の優しい味|LOVE&SALT らーめん味や




LOVE&SALT らーめん味やの魅力


岐阜駅から、長良川を越えて車で15分、百々ケ峰の麓にある飲食店が軒を連ねる長屋にある「LOVE&SALT らーめん味や」。
店内は、カウンターとテーブル席があり、喫茶店のような作りになっていますが、ラーメンとしての味はホンモノ。
店の名前にsaltとあるとおり、塩スープがトレードマークです。

どのメニューも、しっかりと味を感じるのにカドが無く、まさにいい塩梅で、優しい味わいを感じます。
期間限定メニューもあり、飽きさせない美味しさを提供するだけでなく、ランチタイムは、なんとご飯類が100円引き!
地元の方からも愛される人気店です。


これが定番:青にんラーメン


明日なんて気にせず思いっきりすすりたい、ごま油香る青梗菜とスライスにんにくが香ばしい一杯です。


【営業時間】[火~土] 11:30~14:00/17:30~22:00
[日・祝] 11:30~15:00/17:00~21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】月曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/13803.html



(7)東海発の満腹マシマシラーメン|男は黙って前を行け!




男は黙って前を行け!の魅力


岐阜駅から車で10分、カーディーラーや工場、量販店などが軒を連ねる大通り沿いに店を構える「男は黙って前を行け!」
パンチがあるのは店名だけでなく、濃厚な豚骨スープに太めの平打ち麺、豚とモヤシ、さらにはニンニクと、岐阜が誇る二郎系ラーメンのお店です。

壁にずらりと並ぶ芸能人のサインは、テレビや雑誌で紹介されることも多い人気店である証ですね。

自家製の麺は、弾力がありもっちりしていて、柔らかく煮込まれた豚との相性抜群!
行列が出来るのも納得の美味しさです。
オーナーは、「長く愛されるラーメン店を作れる人材を育てたい」とラーメン学校もやられているほど。
ガッツリ満足こだわりの一杯は、並んででも食べる価値ありです!


これが定番:汁なしラーメン


弾力がありもっちりとした自家製麺と濃厚なタレが相性抜群!
柔らかく煮込まれた豚肉は、ホロホロでジューシーな味わいがたまりません。
ガッツリと楽しみたい時に嬉しい一杯です。


【営業時間】11:00〜14:00/18:30〜21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】日・祝日
【Twitter】

【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/18485.html



(8)トロっと濃厚!こだわりのスープ|らぁめん つけ麺 すずまん




らぁめん つけ麺 すずまんの魅力


県道沿いの集合住宅の一階に店を構える「らぁめん つけ麺 すずまん」。
鳥居式らーめん塾の卒業生である店主の作る濃厚でくせになるスープや、丁寧な接客が人気で行列の絶えない人気店です。

カウンターには、使用食材がわかる掲示があり、無化調で仕上げるこだわりぶり。
濃厚なのにくどくない後味は、プロの技とこだわりを貫く努力のたまものと言えます。

塩や辛いラーメンなど、いろいろな味が楽しめるのも、しっかりと研究し作りこまれた土台があってこそ。
普段からの努力が伺えますね!
さらには、明るく元気な店主の人柄も人気の秘訣です。


これが定番:特製つけめん


魚介と豚骨の濃厚なスープに、爽やかな酸味を感じる一杯です。
冷たい麺と温かい麺が選べるので、ぜひどちらも試していただきたい!


【営業時間】11:30~14:00/18:00~21:30
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】水曜日、第2・4木曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/22372.html



(9)辛くて旨くてやみつきになる一杯|台湾ラーメン 大吉




台湾ラーメン 大吉の魅力


お隣の名古屋発祥、台湾ラーメンの魅力が楽しめる「台湾ラーメン 大吉」。
にんにく香るピリ辛のスープが癖になる台湾ラーメンはファンが多く、長年通う方もいるほどです。

大吉ではなんと、生卵が2個まで無料と嬉しーサービスもあり、着丼を待つ間も、中華鍋で炒められるモヤシやひき肉の香りが空腹とワクワクを倍増させます。
大吉のの台湾ラーメンは、ひき肉やモヤシが混ざっていない状態で提供されるため、少しずつ混ぜながら、最初からしっかりと混ぜてなど、あなた好みの食べ方を楽しめるのが嬉しいポイントです。

最後には、ライスを投入して辛旨おじやにするのがオススメ!


これが定番:台湾ラーメン


まずは、澄んだ醤油スープを堪能。
食べ進めながら野菜を掻き分けていくと、ピリ辛の味噌とスープが混ざり合い、まさに旨辛台湾ラーメンが完成です。


【営業時間】[水~土] 12:00~14:00/17:00~22:00
[日・祝] 12:00~15:00/17:00~21:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】月曜日・火曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/9627.html



(10)目でも美味しい緑黄色ラーメン|たっちゃんらーめん




たっちゃんらーめんの魅力


緑の大きな屋根が目印で、広めの駐車場が嬉しい「たっちゃんらーめん」。
サニーレタスにグリーンボール、千切りにされたニンジンがトッピングされた緑黄色の鮮やかな見た目と、卓上の調味料にはタバスコ、ラーメンなのになんだか洋風な雰囲気が珍しいお店です。

しかし、どのメニューもこだわりの詰まった美味しさで、一度食べたらファンになること間違いありません!
見た目とは裏腹に、濃厚で脂の旨味を感じるこってりなスープがたまりません。

丁寧に仕込まれた旨みの塊「ターロー」のトッピングは忘れずに!


これが定番:スパイシー麺


豚骨と鶏ガラの合わせスープに、数種類の唐辛子が食欲をそそる一杯。
サニーレタス・ニンジンといった新鮮な野菜との相性も抜群です。


【営業時間】11:00~15:00/17:00~22:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】火曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/31842.html



当サイトにおける全てのラーメン写真は、ラーメンデータベースより引用しております。
ラーメンデーターベースでは、豊富なレビューでラーメン情報をチェックできますので是非ご利用ください。
 

ナシナシバナー_宅麺マガジン