ラーメンまとめ

ここだけは押さえておきたい!奈良で人気のラーメン店10選


世界遺産をはじめ、国宝や重要文化財も多くあり、観光スポットとして賑わう奈良県。大阪や京都に隣接しているので、関西圏へのアクセスがよい地域です。また内陸県である奈良県には、柿の葉寿司や奈良漬などの保存食が発達していて、独自の食文化を持っています。そんな奈良県にある人気のラーメン店10選をご紹介します!

2021年10月08日 更新
ここだけは押さえておきたい!奈良で人気のラーメン店10選 - サムネイル
ナシナシバナー_宅麺マガジン


(1)鯛出汁の優しい味わいが魅力|鯛だしそば・つけ麺 はなやま




鯛だしそば・つけ麺 はなやまの魅力


近鉄富雄駅から歩いて5分ほどのところにある「鯛だしそば・つけ麺 はなやま」。
ミシュランガイド奈良2017特別版にも掲載された人気店です。
木造でお洒落な店構えに、店内はカウンター9席でコンパクトな佇まいです。

こちらでは、奈良県で関西初の鯛出汁を使ったメニューを提供しています。
鯛だしそばは2種類あり、塩味は鯛出汁と塩が優しい味わいで、醤油味には豚骨から取った出汁も加わってあっさりした中にもコク深い味わいです。
鯛だしそばには細麺を使用しています。

鯛だしつけ麺の麺には細めのストレートの平打ち麵が提供され、小麦の風味豊かな喉ごしのいい平打ち麺に鯛出汁の優しい味わいのつけ汁がよく合います。
冬は温盛で食べるのがおすすめです。

サイドメニューの生姜・醤油・砂糖で味付けされた鶏そぼろともみのりとネギがのったとりそぼろごはんも人気です。


これが定番:鯛だし塩そば


鯛出汁と沖縄の塩ですっきりとした優しい味わいのスープは、コシのある麺とよく合います。
具材のチャーシューはしっかりと肉感のある仕上がりで、他に柔らかい食感の太めのメンマ、海苔・春菊がのります。
卓上にある柚子胡椒が風味良く、途中でスープに溶かしてまた違った味わいを楽しむことができます。


【営業時間】18:00~24:00
[土日] 11:30~14:30/18:00~24:00
※土曜日の昼は「春日」の屋号で濃厚こってりつけ麺のみを提供
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】水曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/4636.html



(2)真っ白なクリーミースープと彩豊かな具材が美しい|暁 製麺




暁 製麺の魅力


田原本駅から歩いて15分ほどのところにある「暁 製麺」。
店内は開放的で広々としていて、奈良市内にあるふじ門製麺の姉妹店になります。
メインメニューは魚介出汁を使ったものと、鶏と豚から取った出汁を使ったラーメンの2種類です。

魚介スープは昆布や鯖節・目近節などの厚削り節など、数種の魚介を使用していてあっさりとした味わいです。
鶏豚を使ったスープは、奥三河どりを丁寧に煮出した鶏白湯がベースで、まったりとした仕上がりです。
麺は自家製で店舗内にある製麺所で作られていて、粗挽きしてローストした全粒粉を練り込んだ麺は小麦の風味を感じられます。
具材はどのメニューも種類豊富に入っていて、色鮮やかなのも魅力です。

他、坦々麺もイチオシで、胡麻がふんわりと香る鶏ベースの白色のスープが中太麺とよく絡み、程よい辛さの効いた自家製のラー油と相まって旨いと好評です。


これが定番:鶏豚らぁ麺


泡立った真っ白なスープは、鶏豚骨のコク深さを感じられます。
麺は中太麺でコシがあってしなやかな食感です。
具材は豚チャーシュー・海苔・ネギ・シナチク・水菜・味玉半分・かぼちゃ・オクラ・水菜・糸唐辛子が入り、色鮮やかな野菜が入ったクリーミーな一杯となっています。


【営業時間】11:00~14:00/18:00~21:00
[土日祝] 11:00~14:45/18:00~21:00
※スープがなくなり次第終了
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】水曜日
※祭日等での変更の場合は公式ブログにて告知
【Twitter】@akatsukiseimen
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/78205.html



(3)日本一こってりなラーメン|まりお流らーめん




まりお流らーめんの魅力


新大宮駅から歩いて20分ほどのところにある「まりお流らーめん」。
こってりラーメンの聖地として有名で、超濃厚なラーメンを提供しています。

鹿児島県出身の店主が鹿児島で食べた、スープの煮詰まったラーメンの味が印象深く残っていて、濃厚なラーメンを追求するようになりました。
メニュー毎に濃度が併記されていて、ラーメンだけでもかなりのメニューがあります。

ベースのスープは鶏白湯と豚骨を混ぜ合わせていて、とろみの強い濃厚スープに仕上がっています。
濃度の調節は電子レンジで煮詰めて変えています。
麺は太めで、食感はもちもちとしていて食べ応えがあります。
具材はメニューによって変わりますが、主にメンマ・ネギ・チャーシューなどが入ります。
チャーシューは低温調理され、しっとりとしていてコクのある味わいです。

最高濃度のオリンポスというメニューは、スープにパルメザンチーズが入っていて、これぞ日本一と言える濃厚さとなっています。


これが定番:霧島


最高濃度の半分の濃さで提供される霧島。
背脂がたっぷりと入り、ほんのりと甘みを感じられるスープに太麺がしっかりと絡みつきます。
チャーシューもたくさん入っていて、食べ応えのある一杯となっています。


【営業時間】18:00~翌1:00 ※麺とスープが無くなり次第終了
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】水曜日
【Twitter】@marioramen
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/4367.html



(4)奈良の豚骨ラーメン|こだわりの榛原とんこつらーめん こうや




こだわりの榛原とんこつらーめん こうやの魅力


榛原駅から歩いて1分ほどのところにある、令和2年にできたばかりの「榛原らーめん こうや」。

圧力寸胴で拳骨のみで炊き上げた豚骨と朝引きの鶏白湯が合わさったクリーミーなスープが特徴的です。
圧力をかけて豚骨特有の臭みを取り除く工夫がされていて、髄の旨味までしっかりと詰まっています。

麺は中太麺と細麺の2種類があり、もちもちとした食感でつるつると喉ごしよく食べられます。

看板メニューのこうやらーめんの具材には、チャーシュー・水菜・キクラゲ・味玉・海苔・ネギが入ります。
チャーシューは肩ロースを使っていて、ほろほろと柔らかく味わい深い仕上がりです。
具材の野菜は、奈良で採れた旬の無農薬野菜を使っていて、野菜本来の甘さや苦味、シャキシャキとした食感を味わうことができます。

替え玉メニューもあり、煮干し油や魚粉などを絡めた魚変など変わった麺もあって、また違う一杯を楽しむことができます。


これが定番:こうやラーメン


豚骨スープはしつこすぎず、口当たりまろやかで麺との相性も抜群です。
奈良の食材が使われたここでしか食べられない豚骨ラーメンを味わえます。


【営業時間】11:00~15:00/17:00~22:00 ※売れ切れ次第終了
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】月曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/127135.html



(5)出汁と全粒粉麺とチャーシューが旨い|麺人 ばろむ庵




麺人 ばろむ庵の魅力


「麺人 ばろむ庵」は奈良市杉ヶ町にある平成23年創業の夫婦で営んでいるラーメン店です。
通常メニューは、新中華そば・大和ブラック・まぜそばの3種類があります。

新中華そばは、鶏と豚のスープに魚介出汁、アゴの香味油や奈良県産の醤油が加わります。
大和ブラックは、スープの表面にイカ墨の黒タレで黒色をしていて、にんにく香味油が入ってピリ辛で風味豊かです。

麺は自家製で店内で作っており、全粒粉が入った平打ちタイプでスープとの相性が良く、歯切れも良い仕上がりです。
全粒粉を使用した香ばしい麺に和風出汁が効いたまぜそばも人気メニューです。

夏の時期は豆乳魚介出汁のクリーミーな冷製新中華そばや、トマト魚介出汁にイカ墨が入り、そこに海老辛味油が加わったピリ辛の冷製トマトブラックというメニューが提供されます。
※夏の時期は通常メニューは提供されません。


これが定番:新中華そば


スープはあっさりとしていますが、まったりとした動物系のコクと魚介の香りと旨味が味わえます。
全粒粉の中太麺は弾力があって歯応え抜群です。
具材はチャーシュー・水菜・味玉半分・なると・極太のメンマがのります。
具材のチャーシューはレアタイプでハーブで味付けされていて、厚さもあって食べ応え十分です。


【営業時間】10:30~14:30
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】月曜日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/33730.html



(6)鶏の旨味を最大限に引き出した拘りのラーメン|麺屋 NOROMA




麺屋 NOROMAの魅力


JR奈良駅から歩いて30分ほどのところにある「麺屋 NOROMA」。

鶏白湯スープは大量の国産鶏を8時間かけてじっくりと煮込み、2時間かけて丁寧にスープを漉した後、1日冷蔵庫で寝かせて鶏の旨味を閉じ込めています。

麺は自家製で、国産小麦を数種類ブレンドしていて小麦の風味を強く感じられる仕上がりです。
麺は熟成させることで食感が変わるので、ラーメン・つけ麺、それぞれに合った熟成期間を採用しています。

チャーシューは低温でじっくりと煮込み、ジューシーで柔らかく仕上げた後、特製の秘伝の薄味のタレに2日間漬け込んで、しっかりと味を染み込ませています。
このチャーシューをふんだんに使ったチャーシュー丼もおすすめの逸品です。


これが定番:鶏そば


コラーゲンたっぷりの鶏白湯スープは、鶏の旨味をしっかりと感じられます。
具材はチャーシュー2枚・ネギ・カイワレ・なるとが入り、特選にはチャーシューがもう2枚と味玉がプラスで入ります。


【営業時間】11:30~15:00/18:00~22:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】大晦日
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/63810.html



(7)奈良で煮干しラーメンを味わうならココ|屋台 ちかみちらーめん




屋台 ちかみちらーめんの魅力


磯城郡川西町結崎に店を構える「屋台 ちかみちらーめん」。
東京の名店で経験を積んだ店主が平成21年に屋台からスタートし、平成26年に店舗化しました。

こちらでは煮干しラーメンを提供しています。
スープは煮干しなどの魚介と豚骨を煮出した和風の仕上がりです。
主なメニューは醤油・塩・つけ麺・油そばで、トッピングや大盛り、替え玉があります。

夏季にはカレー味、冬季には味噌味を限定で提供しています。
麺は東京から取り寄せている三河屋製麺所の2種類の麺を使用しています。
つるつると喉ごしの良い平打ち麺かもちもち食感の太めのストレート麺から選択できます。

具材のチャーシューはほろほろと柔らかく仕上がっています。


これが定番:醤油らーめん


サラサラとした魚介豚骨の煮干しスープに、醤油ダレが加わった一杯。
臭みや苦味はなくて後味まろやかな仕上がりです。
肉の旨味をしっかりと感じられるチャーシューとの相性も抜群です。


【営業時間】11:00~14:30/18:00~22:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】毎月1日(ついたち)、火曜日
【Twitter】@chikamiti
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/25900.html



(8)クリーミーでまろやかな泡系ラーメン|ラーメン家 みつ葉本店




ラーメン家 みつ葉本店の魅力


近鉄富雄駅西口から歩いて5分ほどのところにある「ラーメン家 みつ葉」。
こちらでは醤油と塩の2種類を提供していて、泡立ったスープが特徴的です。

スープの出汁には国産のガラを使用し、強火で約8時間炊き込んでいます。
炊き込んでいる間は3~5分おきにスープを撹拌し、鶏と豚の旨味を最大限に引き出しています。

麺は国産小麦を100%使用し、毎日店内で作っている自家製の麺になります。

具材も丁寧に仕込んでいて、チャーシューは丁寧に下処理した後、表面は高温で焼いて旨味を閉じ込め、内面はオーブンで低温調理しています。
メンマには短冊メンマを使用し、1週間かけて塩抜きして薄味に味付けしています。
味玉は、純国産鶏に厳選した飼料を与え、自然の地下水を与えて生まれた京たまごを使用し、塩で味を整えています。

スープだけでなく麺や具材にも拘って丁寧に仕込んでできた至高の一杯を堪能できます。


これが定番:豚CHIKIしょうゆラーメン


醤油ダレは4種類の醤油をブレンドしていて、深みのあるタレに仕上げています。
カプチーノのような泡だったスープは、もっちりとした多加水麺と相性抜群で、病みつきになる一杯です。


【営業時間】10:30~14:00 ※売り切れ次第終了
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】日曜日、祝日
【Twitter】@3mi2tsu8ba
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/52939.html



(9)まろやかですっきりとした味わい|麺屋 あまのじゃくJR奈良店




麺屋 あまのじゃくJR奈良店


JR奈良駅から歩いて5分ほどのところにある「麺屋 あまのじゃくJR奈良店」。
富雄に本店を構える豚骨ラーメンが人気のラーメン店です。
奈良店はカウンター席のみのコンパクトな佇まいで、夫婦で営んでいます。

メニューは豚骨スープをベースに塩・味噌・醤油というラインナップになります。
スープは臭みがほとんどなく、クリーミーな舌触りが特徴的です。
麺はストレートの細麺で、スープにしっかりと絡まります。
具材のチャーシューは、口の中でとろけるほどにとろとろと柔らかく仕上がっています。

柚子皮が入ったあっさりとした味付けのあっさり塩というメニューは後味すっきりで食べやすく、店主イチオシの一杯です。


これが定番:とんこつ塩


口当たりすっきりとした豚骨スープに塩ダレが味にアクセントを与えて、細麺との相性も良いです。
チャーシューは軽く炙られていて、とろとろの食感が堪りません。


【営業時間】18:00~24:00
※月・土はお昼営業あり11:00~14:00
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】木・日・祝日 ※臨時休業が多いので注意
【Twitter】@amanojyakujnara
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/57828.html



(10)魚介ベースの一風変わったラーメンが揃う|ハナヤマZ




ハナヤマZの魅力


近鉄橿原線笠縫駅から歩いて7分ほどのところにある「ハナヤマZ」。
奈良市富雄にある「鯛だしそば・つけ麺 はなやま」の店主が手がけるお店で、モダンでおしゃれな内装で清潔感のある店内は落ち着いた雰囲気が漂います。

メニューは塩・醤油・味噌・豚骨・つけ麺とあり、うに・海老・ズワイガニ・スルメイカなど、様々な魚介のスープと具材を使用しています。
塩ダレに使われる塩は、天日干しした石垣の天然海水塩と石垣の海水塩をブレンドして使用しています。
醤油ダレの醤油は濃い色合いの熟成醤油が使われています。
麺はメニュー毎に太さが違い、それぞれの味に合った太さで提供されます。

どのラーメンも素材を活かした味であり、魚介味の個性的なラーメンが揃います。


これが定番:ハナヤマ塩ラーメン


スープは魚介の旨味が奥深く、塩ダレが入ることでまろやかさも加わります。
麺は平打ちの細麺で、手打ち蕎麦のような食感と喉ごしを感じられる仕上がりです。
具材はチャーシュー・長めのメンマ・ネギ・青菜がのります。
チャーシューは厚めでほろほろと柔らかい仕上がりです。


【営業時間】11:30~15:00/17:00~21:30
(感染症対策のため実際の営業時間が異なる場合がございます。訪問する際は最新の情報をご確認ください。)
【定休日】不定休
【ラーメンデータベース】
https://ramendb.supleks.jp/s/73031.html



当サイトにおける全てのラーメン写真は、ラーメンデータベースより引用しております。
ラーメンデーターベースでは、豊富なレビューでラーメン情報をチェックできますので是非ご利用ください。
 

ナシナシバナー_宅麺マガジン