ラーメンまとめ

絶対に行っておきたい!大塚ラーメン7選


近年の駅回収に伴いレトロ感と近代感が合わさっている大塚。利用する人も幅広く、多くの人で賑わいます。今回は、そんな大塚に来たら絶対に行くべきラーメン店7選をご紹介します!

2021年01月22日 更新
絶対に行っておきたい!大塚ラーメン7選 - サムネイル

近年の駅回収に伴いレトロ感と近代感が合わさっている大塚。利用する人も幅広く、多くの人で賑わいます。今回は、そんな大塚に来たら絶対に行くべきラーメン店8選をご紹介します!

(1)上品な甘みと深みのある辛味が堪能できる|創作麺工房 鳴龍


創作麺工房 鳴龍の魅力
ラーメン業界初の、ミシュラン一つ星を獲得した「香港Mist」で料理長を務めた店主が作り出す担々麺が有名な「創作麺工房 鳴龍」。
大量の胡麻を使用し、作られる芝麻醤と辛みの中に深みが感じられる自家製ラー油が合わさり、見た目にも鮮やかなグラデーションを織り成す一杯を作り上げます。
麺は水分量が少ない、ザクザクとした歯切れの良い食感が特徴的の麺となっています。店主が自ら厳選した国産小麦を3種類ブレンドさせ製麺した自家製細麺はすすり心地が最高となっています。
辛さだけでなく、素材の旨みも凝縮された逸品を是非、食べてみてください。
これが定番:担々麺
二層式の絶品スープが堪能できます。上層には上品な甘味や深いコクを持つ自家製の芝麻醤とラー油、下層部には素材の旨みを閉じ込めた絶品の清湯スープとなっており、その二層を混ぜ合わせることで辛みの中に深みのある担々麺が堪能できます。
【営業時間】11:30~15:00/18:00~21:00、11:30~15:00(月曜日)
【定休日】火曜日
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/57011.html


(2)海好きの店主が作る和洋の融合した一杯|志奈そば 田なか


志奈そば 田なかの魅力
2013年4月20日にオープンをした「志奈そば 田なか」。海好きの店主が作り出す一杯は、動物系の食材を使用せず、魚介系のみで作り上げました。
九十九里産のアジとイワシをふんだん使用しているため、一口すすれば魚介の良い香りが鼻を通っていきます。
麺は、御祖父さんが営んでいるという製麺所「フジキン光来」製のストレート細麺を使用しています。つるっつるの麺肌でシコシコとした食感がとても美味しく、魚介の風味漂うスープとも相性抜群です。
お店の雰囲気もとてもおしゃれで、落ち着いた空間になっています。
これが定番:特製煮干しトリュフそば
世にも珍しい、「煮干しトリュフそば」は一口飲むとほんのり苦みが感じられた後になんとも言えないほどの甘味が口中に広がります。
その味わいが癖になり、気づいた時にはもうスープは無くなっているほどの美味しさ!
特製の場合、トッピングが豪華になるのですが卵はとろっとろで、うずらの卵もついてきます。メンマは厚みがあるタイプで非常に噛みごたえがあってたまりません。
豚肩ロースのチャーシューと鶏むね肉のチャーシューの2種類を使用しており、どちらも最高の仕上がりです。
トリュフが乗ったラーメン。高級食材を惜しみなく使用しているだけあって最高の一杯です。
【営業時間】[月〜金] 11:00〜15:00/17:00〜21:00、[土] 11:00〜15:00
【定休日】日曜日
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/66683.html


(3)変化が楽しめる本格汁なし麺|汁なし破顔


汁なし破顔の魅力
桜台に本店があり、江古田に支店のある「らーめん 破顔」の3号店として2013年6月7日にオープンした「汁なし破顔」。
タレは真っ黒になるまで炒めたニンニクと唐辛子がベースとなっており、さらに溶かした背脂も加わることで香りも良く、食欲が増します。
「汁なし破顔」極太麺は見るからに太くて、うねりも強く、独特のゴワッとした食感が一口食べると感じられます。そこに絡まる焦がし醤油のタレは、背脂のコクも合わさり、まったりとした美味しさが食べられます。
トッピングも、炙った角切りチャーシューと味玉半分、刻みネギに海苔となっています。
噛めば噛むほど肉汁がじゅわーと口の中に広がり、大満足です!
これが定番:汁なし
破顔の魅力といえばなんと言ってもチャーシューでしょう!!!四角くサイコロ状に切られたチャーシューは焦げ目があり他のお店にはない香ばしさ!量もしっかりと入っていて非常に満足できる一杯です!
また、ムギュッとした弾力が感じられるストレート麺に、焦がしニンニクと醤油ベースのタレを絡ませることで箸が止まらない逸品です。
【営業時間】11:30~14:00/18:00~21:00
【定休日】日曜日・月曜日
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/67851.html


(4)動物系と魚介系が合わさった淡麗系スープ|ラーメン麺たつ


ラーメン麺たつの魅力
「神奈川淡麗系」と呼ばれる清湯スープの美味しいラーメンを提供している、「ラーメン麺たつ」。
鶏の動物系の素材と干し貝柱等の魚介系の素材が織り成す、絶品スープはとても良いハーモニーを奏でています。一口飲めば、この絶品スープの虜となってしまいます。
このすっきりとしたスープに、合わせている麺は中加水のクッシリ感が感じられる中細ストレート麺です。密度も高くスープとの絡まりも最高です。
肉汁が広がるロース肉に、水菜・海苔・メンマ・薬味ネギと、種類豊富なトッピングもスープに合っていて、すべてがまとまっている一杯です。
これが定番:塩ラーメン(鶏油)
動物系の素材と、魚介系の素材が絶妙なバランスで楽しめるあっさり塩スープに、ストレート麺を絡ませれば最高です。
そこにまろみのある鶏油が加わることでスープに、深いコクが出てきています。
【営業時間】17:00〜24:00
【定休日】水曜日
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/10827.html


(5)醤油ベースのスープにチャーシューのコクが混ざり合う|北大塚ラーメン


北大塚ラーメンの魅力
2010年から、大塚駅にて多くのお客様を満足させてきた、「北大塚ラーメン」。あっさりとした醤油ベースのスープは、豚骨や牛骨などの動物系に・魚介系ダシを合わせています。そこに多めのチャーシューから、滲みだした油がスープにコクを追加してくれて、こってりとなっています。
こってりとした、スープに合わさる麺はしっかりとした噛みごたえの中太麺です。
見た目、味共にジャンクなイメージの一杯となっていますが、最後にはもう一度食べたくなるくらい、後を引く逸品です。
トロトロのチャーシューも、スープ・麺に負けないくらいの存在感を出していて、食べ応え十分です。
これが定番:チャーシュー麺
肉の旨みが凝縮した、店舗自慢のトロトロチャーシューが麺を覆い隠すほど盛り付けられている一杯。
醤油ベースのこってりスープに、チャーシューの肉汁が溶け込み、さらにコクと深みが出ています。
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】日曜日・祝日
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/74301.html


(6)本場九州の人も絶賛するほどの美味しさ|博多長浜ラーメンぼたん 大塚本店


博多長浜ラーメンぼたん 大塚本店の魅力
2004年の7月にオープンした濃厚な博多ラーメンで有名な「博多長浜ラーメンぼたん 大塚本店」。店内は豚骨の香りが漂っていて、食べる前から、楽しみになるほど。
自慢のスープは豚の匂いが十分で濃厚な豚の独特のコクがしっかりとあります。ゼラチンやラード等は多少控えめのスープとなっており、トロリ、サラリとした飲み心地が堪能できます。また、塩や調味料も控えめで、豚骨本来のアジで勝負をしている印象があります。
博多系特有の卵殻を練り込んだ極細麺は、スープにしっかり絡みつきすすればすするほど、美味しさが堪能できます。これが定番:らーめん
本場九州の人も、絶賛するほどの豚骨ラーメンです。豚のコクが十分に感じられますが、臭みもなくあっさりとした味わい。
極細麺と、濃厚豚骨スープを是非ご堪能ください。
【営業時間】11:00〜翌2:00
【定休日】無休
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/181.html


(7)2021年、ビブグルマン初掲載|生粋 花のれん


生粋 花のれんの魅力
最寄り駅は茗荷谷駅になります!春日通り沿いに徒歩約5分進んだ場所にお店があります。
ミシュランガイド東京2021内で、ビブグルマン初掲載した「生粋 花のれん」は無化調で作られたスープは非常に洗練された味になっています!全体的に上品な仕上がりで、細部にこだわりが見えます。
強い鶏だしの味は苦手な方もいるかもしれませんが、花のれんの鶏だしはあっさりとしていて非常すんなりと溶け込んできます。また、無化調のラーメンはあまり食べないと言う方でもなぜかリピートしてしまう。そんな一杯です!
これが定番:旨み鶏だし 特製•醤油
見た目の通り非常にあっさりとした仕上がりで癖のないあっさりとした味わいです。
レアのチャーシューは柔らかく口の中でとろけます。
麺は細麺で、スープとよく絡み相性抜群!少し量が少なめなので大盛りにしてみるといいかもしれません。
スープを味わい、一息。麺をすすり、スープを飲む。さらに麺をすすり、スープを飲む、、、、、
無限ループであっという間に、完食しているのがこのラーメンの恐ろしいところです。
【営業時間】
[平日] 11:30~15:00 / 17:30~21:00(L.O.20:50)
[日・祝] 11:30~15:00 (L.O.)
【定休日】木曜
【ラーメンデータベース】https://ramendb.supleks.jp/s/84507.html



当サイトにおける全てのラーメン写真は、ラーメンデーターベースhttp://ramendb.supleks.jpより引用しております。
ラーメンデーターベースでは、豊富なレビューでラーメン情報をチェックできますので是非ご利用ください。