めがです

30代/男性

二郎に憧れてるけど遠方で行けないので宅麺で二郎系を中心に利用してます

  • レビュー数 11
  • 役に立った数 3

2024年06月17日

宅麺では二郎系にカテゴライズされてますが、あの豚骨醤油の感じのスープではありません。
豚醤油って感じのベースに、ニラやニンニク、タマネギなどのスタミナ系野菜の旨みが溶け込んでいて、じんわりピリ辛、って感じです。
豚も他の二郎系のような大判ホロホロがどーんと入っているのではなく、歯応えしっかりの拍子木切りの豚がゴロゴロ入ってます。(繋げると他の二郎系豚2枚分はありそう)
ただし、麺は二郎系のワシワシ平打ち太麺で、量も二郎系レベルでガッツリいきたい人には十分なボリュームなので、まあ二郎系に入れとくのが無難か…

最初に書いたようにスープがコッテリ豚骨醤油ではないので、それが逆にご飯にあいます。
オススメはすき焼き食い用の生卵で麺を食べたあと、スープと生卵が良い感じに混ざった生卵の器に白米をぶち込んで、残った具材を乗せてかき込む!
コレをやってしまうと、麺300gの二郎系を食った以上の満足感を得られます。

0

2024年06月01日

同梱されている作り方の紙に、店主さんからのコメントで「米に合うように濃いめの味にしている」と明記されているので、カラメコールをしたぐらいの味になっていると思われます。
アブラは味付きとはいえそこまでしょっぱく無かったので、ヤサイ多めにして上からかけちゃうのがオススメです。
スープは微乳化ですが、食べ進めているうちにトロッとしてきて、豚の旨みも存分に感じられました。
全部マシコール想定でトッピングを整えるとバランスの取れる味を狙っていると思われ、豚も大きく、値段を抑えつつ購入者を満足させようというお店の意思が感じられ、好感の持てる一杯でした。

0

2024年05月20日

とにかくスゴイ…!
麺量、豚のデカさ、液体脂の量、そしてもちろんおいしさ、すべて大満足、むしろ満足を超えて自分との戦いが始まるようなラーメンで、店舗に行くのは難しいけど興味がある人は、プレミアム会員になっても一度は食べる価値はあると思います。
ただ、他の宅麺の二郎インスパイアとは一線を画すものだけに、同じ感覚で挑んでしまった初見時のわたしは少し失敗してしまった部分があったので、老婆心ながら、初めて宅麺富士丸に挑む方向けにアドバイス的なものを書き残したいと思います。

・豚がデカすぎて、指定の時間湯煎しても中心まで熱くなったことがない
 →寸胴レベルのたっぷりのお湯で温めるといけるかもしれませんが、難しいと思うので、食べる時に豚を箸で割って、少しスープで温めとくといいと思います
・非乳化スープではあるが、パウチを開ける前にスープを振って混ぜておく
 →液体油がかなり多いので、非乳化とは言え、少し混ぜておいた方が、食べやすくなります。少し振ったくらいで乳化してしまうような油量ではないので安心してください
・カラメは慎重に!
 →別袋のカラメたれは結構しょっぱいので、様子を見て入れないと、後半の戦いで満腹感プラス塩分との戦いになり、分が悪くなります(笑)、上の項目の通り、スープを少し撹拌しておけば、液体油の層にも味が出て、ヤサイなどもカラメをかけ過ぎずに美味しく食べられると思います
・アブラタマゴは絶対にやれ!
 →別添えの豚カス脂にゆで卵をぶち込んで喰らう、これはマストでやりましょう。もう戻れなくなります
・胃腸を整えてから挑め!
 →たとえ宅麺とは言え、撃沈するのはプライドが許さない、そんなファイターにあえてエールを贈りたい

すでに3食程度食べていますが、食べる度に「もうこんなもん食わん!」となった一週間後に注文完了のメールが何故か届くんです。
不思議ですね。

3

2024年05月20日

肉がマジでとんでもなくうまいです。
高級惣菜かと思いました。
オススメの通り、米に乗せて食べるのはマストです。
ラーメンの方は、肉のインパクトで記憶が吹っ飛んで曖昧なのですが(笑)、悪い印象は残ってないので、水準以上の美味しいインスパイア系だと思います。
ご安心を!

0

2024年05月20日

まずスープがドロドロど乳化で少なめです。
ヤサイの水分で薄める前提という感じですが、濃い目で食べたければ無理にヤサイを入れなくても良いんじゃないでしょうか。
豚感とうまみと塩分が濃縮された濃ぃ〜いスープですが、さすが富田さんと言った感じの、多数の人が美味しいと感じられるような味に仕上がっていると思います。
大きな豚と小麦感じる太い平打ち麺という二郎感もしっかり押さえられており、失敗しない一品ではないでしょうか。

0

2024年05月20日

醤油のキレが、とか、醤油がキリリと、という表現を聞いた時に思い浮かべる味というか、まずはしょっぱ!と感じ、麺を噛んでいるうちに小麦の甘味や脂のまろやかさが口内で混じり合い、うまさが完成する、という印象でした。
豚も大きくて柔らかいので、ヤサイマシめで食べてもガツンとくるパワーがあります。
汗かいた暑い日とかに食べたら最高かも。

0