琴平荘(こんぴらそう) 中華そば(あっさり) 山形の僻地で1日500人来客!幻の中華そば

冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業で一日500人が訪れるという、山形県鶴岡市にある旅館「琴平荘」。上質な淡麗醤油スープ、自家製ちぢれ麺、国産チャーシューと拘りメンマが芸術的なハーモニーを奏でる。

Photo_large

「琴平荘(こんぴらそう)」のこだわり

山形県の小さな旅館に出来る大行列

Kodawari1

山形県鶴岡市に位置する旅館琴平荘のオーナー掛神氏は、元々、大のラーメン好きだったこともあり、旅館の閑散期である冬の集客のため、中華そば作りを始めた。旅館の食堂で出す中華そば目当てに、厳しい冬の山形で集客を試みるという途方もない、そして前例のない挑戦に挑み、遂には中華そばを食べに東京からツアーが組まれるまでにその名を轟かせる。現在では100人以上が大行列を作ることも珍しくない。旅館では閑散期にしか食べられない幻の中華そばが、通期でいよいよ全国へ羽ばたく!

究極のバランスを織り成す淡麗醤油

Kodawari2

あっさりした口当たりにして、驚きのコク深さは幻の中華そばと呼ぶに相応しい。岩手県産の高級丸鶏から時間をかけジックリだしを取り、アゴの焼き干しはなんと自家製を使用。地元でとれるトビウオを自ら市場で仕入れ下ごしらえから天日干し、焼きまで全て自らが行なっているというから驚きである。その他さば煮干(稚魚)を使用するなど常識にとらわれない方法で、オリジナルスープを作り上げた。バランスが命と言われる中華そばだからこそ、店主のセンスと芸術的な深みを体感出来る。

驚きのもっちり感!手揉みちぢれ麺

Kodawari3

ツルツルもちもちの中太ちぢれ麺は、完全自家製麺にして驚きの加水率50%以上。しっかりとしたコシに手揉みで丁寧に作られたちぢれ麺が、黄金の淡麗スープをちょうどよく引き上げる。なめらかな喉越しとともに、小麦の甘みと魚介の優しいダシの香りを運んでくれる。またこだわりのメンマはなんと乾燥メンマから一番おいしい食感を出すタイミングを見計らって提供するという驚きのこだわりぶりだ。

宅麺レビュー

宅麺レビューを投稿する。 今投稿すると5ポイントプレゼント! 宅麺レビューを投稿するにはログイン及び本商品の購入が必要です。
本商品をご購入された方はログインすると宅麺レビューを投稿できます。

全74件のレビュー中 1〜5件目を表示中
2016-05-09 ぬドリアン(50代・男性)
★★★★★ 5.0点 参考になった数:0 参考になった
これ以上ない出会い だと思いました。 入っている物全部がうまい! 甘みを感じる食感の良い麺、あっさりの中にコクが深く、プンと鼻をくすぐるアゴだし香るスープ。 具がまたうまい!肉もうまいし、さらにメンマがうまい! 今まで食したラーメンの中で文句なしの一番です。 ということで、☆5つです。
2016-04-25 宅麺太郎(40代・男性)
★★★★☆ 4.0点 参考になった数:0 参考になった
安心のクオリティ ちぢれ麺がグッド。スープは浮いている脂も少なく、ダシが生きています。チャーシューも縦長に大きくグッド。量もたっぷりで高いクオリティに感じました。
2016-03-21 オアシス(40代・男性)
★★★☆☆ 3.0点 参考になった数:2 参考になった
普通です。 宅麺ですごい人気なので半信半疑で購入。 結論は、普通の一言です。 チャーシューは写真ほどのボリュームはなく、歯ごたえも固め。 スープも香りが立つほどではなく。 美味しいけどそんなにか?!と思いました。 普通=王道ということになっているのか・・・。
2016-02-24 まさしとだあ?(30代・男性)
★★★★☆ 4.0点 参考になった数:0 参考になった
宅麺の代表格? 最初に宅麺さんで扱い始めた時は半信半疑で頼みましたが、あっさりとした醤油ラーメンなのにスープが重厚な感じがしました。 麺も縮れた手揉み感が啜ってて心地よく喉を通っていきます!
2016-02-08 ten(40代・男性)
★★★★☆ 4.0点 参考になった数:2 参考になった
評判通りです。 魚介の効いた清湯スープ。鶏と豚の出汁も使っているようですが、 後ろ支えといった感じです。あっさりですが、うま味がすごい。 麵はツルツルモチモチの多化水麵。 チャーシューは少し豚の香りのする肩ロースで、スープとの相性がいい。 あっさり系の代表ですね。間違いなく。 ただ、麵とスープのマッチングが僕の嗜好にはもう一つと感じたので、1点マイナスとしました。 お勧めしたい一杯です。

琴平荘(こんぴらそう) 店主

Photo_manager

掛神 淳

好きなラーメン屋

山形県酒田市ラーメンショップ半月

メディア掲載歴

テレビユー山形「ラーメン頑固録番外編」
山形放送「ピヨ卵ワイド430」
山形テレビ「われらラーメン王国」(一杯入魂、佐野軍団やまがた集結)
「ラーメンマップ宮城・山形・福島」
車で行くご当地ラーメン紀行 東日本編
「東北ラーメンウォーカー」
他多数

店舗

Logo

店舗名
琴平荘(こんぴらそう)
住所
〒999-7463
山形県鶴岡市三瀬己381-46
電話番号
0235-73-3230
営業時間

11:00~14:00
(10月1日~5月31日の間のみ営業)

定休日
木曜日

商品内容

当サイトの写真はあくまでも調理例であり、
宅麺の商品内容(トッピング)とは異なっております。
商品内容をお確かめの上、ご購入をお願いします。

商品内容(入っているもの)
麺、スープ、チャーシュー、メンマ
内容量
総重量730g(麺210g)
原材料名
麺(小麦粉、塩、かん水)
スープ(丸鶏、豚肉、鶏足、飛魚焼き干し、鯖煮干、イワシ煮干、鰹節、醤油、スルメ、、玉葱、長ネギ、生姜、ニンニク、砂糖) 具材(チャーシュー、メンマ) (原材料の一部に小麦を含む)
賞味期限
商品原材料シールに記載(商品発送日より40日間)
保存方法
要冷凍 -15℃以下
使用上の注意
◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

この他のおすすめラーメン・つけ麺

Photo_middle

山之手虎玄

独自の理論で作り上げた完全オリジナルな坦坦麺!

Photo_middle

麺処びぎ屋

淡麗系の人気店が作る、ゆず香る絶品白醤油らーめん

Photo_middle

麺処びぎ屋

シンプルながらに遊び心溢れる至高の醤油ラーメン

Photo_middle

久留米ラーメン清陽軒

昭和27年創業、究極の久留米トンコツ(替玉付き)

Photo_middle

らあめん広

より旨みとコクを追加した、広島つけ麺の進化系

話題の新着商品

Photo_middle

こってりらーめん誉

良質背脂と熟成味噌の最高傑作

Photo_middle

麺屋 奏音

【最強ラーメンfes限定商品】

Photo_middle

野菜のうまみたっぷり!濃厚ニンニク塩らあめん

Photo_middle

ロ麺ズ

懐かしくも新しいバター香る塩ラーメン

Photo_middle

G麺7

鶏の旨味を涼しく堪能

次のキーワードもお試しください

お問い合わせ

お問い合わせ先 「宅麺.com」お客様サポートセンター 
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-15 坂上ビル7F
サポート時間帯 平日10時-17時
お問い合わせフォーム お問い合わせ サポート時間帯:24時間受付
回答は翌営業日以降となります。