くり山 つけめん 濃厚スッキリの絶品つけ麺

六厘舎や次念序など、つけ麺界に革命を起こした名店で腕を振るった店主が営む「くり山」。濃厚なコクと、スッキリとしたキレの良さを併せ持つ、バランスのとれた絶品つけ麺。昆布粉を使用した自家製麺は、モッチリとした独自の食感を楽しめる

Photo_large

「くり山」のこだわり

つけ麺の神から受け継ぐ製麺機

Kodawari1

「くり山」の栗山卓也店主は、つけ麺の生みの親とも言われている、山岸一雄氏が「旧東池袋大勝軒」で閉店まで使っていた製麺機を受け継いでいる。「旧東池袋大勝軒」では弟子のほとんどが半年から1年間で独立していく中で、栗山氏は4年もの間師匠である山岸氏の教えを受けている。2007年の閉店後は、「六厘舎」と「次念序」で勤務し、2008年に独立。つけ麺の伝統と、濃厚つけ麺の革新双方を培った確かな技術と想いと共に最高の一杯に仕上がっている。

銘店の製麺機で作られる昆布粉ブレンドの自家製麺

Kodawari2

「くり山」の自家製麺は、国産を中心にブレンドした小麦粉に、昆布粉を練り混む。昆布粉を配合し練りこむことで、粘り気を出し独特の食感と味わいを楽しめる。あっさりと濃厚の中間の、絶妙のバランスで仕上げられるつけ汁を程よく絡め、モッチリとした食感が抜群の相性となっている。

濃厚ながら口当たりあっさりの絶品つけ汁

Kodawari3

鶏ガラやゲンコツ、モミジなどを中火で約10時間以上煮込んだ動物系スープに、魚介系スープを直前にプラス。濃厚ながらも、さらっとした口当たりで、「大勝軒と六厘舎の中間を目指した」というバランスのよい魚介豚骨に仕上げている。「東池袋大勝軒」と「六厘舎」、ふたつのDNAを受け継いだつけ麺で、瞬く間に神奈川を代表する行列店になっている。

宅麺レビュー

宅麺レビューを投稿する。 今投稿すると5ポイントプレゼント! 宅麺レビューを投稿するにはログイン及び本商品の購入が必要です。
本商品をご購入された方はログインすると宅麺レビューを投稿できます。

全18件のレビュー中 1〜5件目を表示中
2019-06-08 kenken(40代・男性)
★★★★★ 5.0点 参考になった数:0 参考になった
魚粉の有無が味の分かれ目 麺はうねりのある四角い太麺で強力なコシ。トッピングは海苔と魚粉とコリコリの細長メンマと拍子木切りにされたトロトロのバラチャーシューが2本。つけ汁は液体油でトロリと乳化しており、素の状態だと豚と鶏と昆布のバランスが非常に良く旨味も濃厚。この旨味が妙に爆発しているなと思ったら、麺に昆布粉が練り込まれていたのですね。そして何より麺とつけ汁の相性が抜群で、ここまでの一体感を出している店も滅多にないのではと思うレベル。ただここに魚粉を加えると、折角丁寧に取られた出汁の風味が一気に崩れ、奥に隠れていた化学的な甘味が顔を出し、瞬く間に只のマタオマ系へと変化します。六厘舎と大勝軒の猛々しい甘味と魚感が欲しい場合は魚粉有り、素材本来の洗練された旨味をストレートに味わいたい場合は魚粉無しで食されるのがよいかと思います。
2019-06-02 JUVENTINO(40代・男性)
★★★★☆ 4.0点 参考になった数:0 参考になった
無難だがハイクオリティな一杯 追加トッピングはネギとのり、味玉。非常に美味しくいただきました。〆はスープ割に。麺は予想以上にしっかり噛み応えのある太麺で、つけ汁は正に濃厚こってりとあっさりの中間の味わい。このつけ汁のバランス加減が絶妙で非常に食べやすく、最後まで美味しくいただけた。全体のクオリティは高いが、もっと個性的な別バージョンがあれば是非食べてみたい。
2019-05-13 イムジス57年うずら(30代・男性)
★★★★★ 5.0点 参考になった数:0 参考になった
うまい! つけ汁が抜群にうまい!麺との相性も最高。確実にリピートします。
2019-04-29 のみの腎臓(未回答・未回答)
★★★☆☆ 3.0点 参考になった数:0 参考になった
期待が大きすぎた  レビューの評価がとても高くて期待が大きすぎたせいか、よくある魚介豚骨つけ麺という感じでちょっとガッカリした。  せっかく山岸さんの元で長く修行されて製麺機まで引き継いだのだから、山岸さんの味を美味しく再現したつけ麺にしてほしかったと勝手ながら思ってしまいました。
2019-03-28 アーリー(30代・男性)
★★★★☆ 4.0点 参考になった数:0 参考になった
魚粉なしで試したい 麺は極太・コシあり。昆布粉はそんなには感じませんが、つけ汁につけて咀嚼~飲み込んだ際の一体感が良い感じなのはこの影響でしょうか。つけ汁は、魚介感・甘さは感じるものの強くなく、むしろ動物系を強く感じ新鮮に思いました。トッピングは個々が小さくて弱い気が。魚粉は味変には良いですが、変化具合から、却ってなしでも良いくらいです。次回はデフォのままおじやまで試してみたいと思います。

くり山 店主

Photo_manager

栗山卓也

好きなラーメン屋

旧東池袋大勝軒

メディア掲載歴

店舗

Logo

店舗名
くり山
住所
〒221-0802
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1−17−29
電話番号
045-421-0537
営業時間

[月・水~金] 11:30~15:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
[土・日・祝]  11:30~18:00(L.O)

定休日
火曜日

商品内容

当サイトの写真はあくまでも調理例であり、
宅麺の商品内容(トッピング)とは異なっております。
商品内容をお確かめの上、ご購入をお願いします。

商品内容(入っているもの)
麺、具入りスープ、具材(魚粉、ノリ)
内容量
総重量500g(麺250g)
原材料名
麺(小麦粉、食塩、こんぶ、卵白、酒精、加工でん粉(打ち粉)、かんすい)
具入りスープ(動物エキス(ポーク、チキン)、豚肉、野菜エキス、醤油、メンマ、乾燥スープ、砂糖、植物油脂、醸造酢、魚介エキス(さば、かつお)、風味調味料、香辛料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、着色料(カラメル色素))具材(魚粉、ノリ) (原材料の一部に小麦、卵、乳、大豆、牛肉、ゼラチンを含む)
賞味期限
原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)
保存方法
要冷凍 -15℃以下
使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

この他のおすすめラーメン・つけ麺

Photo_middle

濃厚鶏そば葵

タレ・麺・ひき肉のバランスが最高の汁なし担々麺

Photo_middle

東京スタイルみそらーめん ど・みそ

味噌の伝道師が放つ、東京スタイル味噌ラーメン

Photo_middle

山之手虎玄

独自の理論で作り上げた完全オリジナルな坦坦麺!

Photo_middle

俺の生きる道

醤油・味付け脂・ ちぢれ麺が混ざり合い完成する一杯

Photo_middle

富良野とみ川

北海道・富良野の名店が作り出したじんわりと温かい究極の中華そば

話題の新着商品

Photo_middle

和蔵

パンチ力抜群!見事に乳化されたとろとろ濃厚豚骨スープ!

Photo_middle

和蔵

少し甘め醤油ベーススープと、独特の食感の麺が相性抜群な一杯

Photo_middle

ドゥエイタリアン

野菜と牛肉の旨味が詰まった”ハヤシ”スープ

Photo_middle

手もみ中華そば麦の花

基本に忠実に作った、懐かしさが感じられる昔ながらの中華そば

Photo_middle

手もみ中華そば麦の花

麺が主役、基本に忠実に作った、優しい味わいの塩中華そば

次のキーワードもお試しください

お問い合わせ

お問い合わせ先 「宅麺.com」お客様サポートセンター 
住所 〒161-0033東京都新宿区下落合1-2-5第23鈴木総合ビル4F
サポート時間帯 平日10時-17時
お問い合わせフォーム お問い合わせ サポート時間帯:24時間受付
回答は翌営業日以降となります。