らいよはうす ラーメン 屋台発!大阪で30年続く伝統のとんこつラーメン

大阪の屋台発の豚骨ラーメン!まろやかなクセのない豚骨スープ・丁寧に作られたチャーシュー・するすると食べられる細麺の三重奏は、一味違った美味しさを感じられる。トッピングのカレー粉で味の変化をつけるのも通の食べ方だ。

Photo_large

「らいよはうす」のこだわり

まろやかでクセのない豚骨スープ

Kodawari1

30年前に屋台でラーメンを売り始めた「らいよはうす」。その豚骨スープは、10時間ゆっくりと豚骨を煮込み、一口飲むとスッとのどを通るようなさらっとした口当たりが特徴的。自家製マー油もその美味しさを加速させている。豚骨独特のにおいが苦手な方でも気にならないマイルドなそのスープは、様々な試行錯誤を繰り返し、お客様と一緒に作りあげた渾身の一杯である。味にうるさい大阪人の舌を魅了し続けている。

箸で掴めないほど柔らかいチャーシュー

Kodawari2

焼き豚は、タレの旨味と豚の旨味が豊かに口の中に広がってとろける究極のチャーシュー。30年間継ぎ足して作られている自家製のタレにつけこみ、10時間とろ火で煮込んで作られる。まろやかなスープ・丁寧に作られたチャーシュー・するすると食べられる細麺の三重奏をお楽しみ下さい。

味の変化を楽しめるカレー粉付き!

Kodawari3

今回はカレー粉をトッピングとしてセットにしている。途中でカレー粉を入れると、驚くほどに味が変化する。まろやかな豚骨スープとスパイシーなカレー粉の絶妙なマッチを堪能して欲しい。30年の年月を感じさせる、懐かしくもあり、新しくもある「らいよはうす」渾身の一杯だ。あの東方神起も絶賛したラーメンをお楽しみください。

宅麺レビュー

宅麺レビューを投稿する。 今投稿すると5ポイントプレゼント! 宅麺レビューを投稿するにはログイン及び本商品の購入が必要です。
本商品をご購入された方はログインすると宅麺レビューを投稿できます。

らいよはうす 店主

Photo_manager

谷本 頼洋

好きなラーメン屋

特になし

メディア掲載歴

雑誌・TV多数

東方神起が食べに来た

店舗

Logo

店舗名
らいよはうす
住所
〒531-0071
大阪府大阪市北区中津1-10-9  1F
電話番号
06-6376-3117
営業時間

11:00-14:00、17:00-25:00

定休日
日曜、祝日

商品内容

当サイトの写真はあくまでも調理例であり、
宅麺の商品内容(トッピング)とは異なっております。
商品内容をお確かめの上、ご購入をお願いします。

商品内容(入っているもの)
-
内容量
-
原材料名
-
-
賞味期限
原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)
保存方法
要冷凍 -15℃以下
使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

この他のおすすめラーメン・つけ麺

Photo_middle

琴平荘(こんぴらそう)

山形の銘店、琴平荘の「中華そば(あっさり・太麺)」を販売!

Photo_middle

麺屋音

煮干しの風味を存分に味わえるやみつきの濃厚濃密な一杯!

Photo_middle

山之手虎玄

独自の理論で作り上げた完全オリジナルな坦坦麺!

Photo_middle

ラーメン神豚

元気の出る一杯

Photo_middle

東京らぁめんちよだ

豚骨と魚介の旨味が凝縮した旨味たっぷり正油豚骨らぁめん

話題の新着商品

Photo_middle

ラーメン風林火山

青唐のさわやかな辛さが癖になる!

Photo_middle

夢を語れ東京

ジャンクなラーメンに豚一本がついた、最強の一 杯!

Photo_middle

超ごってり麺 ごっつ

背脂の甘味・味噌のコクのごってり感が多くの人を魅了する

Photo_middle

海老そば騰眞

濃厚鶏白湯と海老のフュージョン!

Photo_middle

江戸前つけ麺サスケ

鶏ガラ・魚介の風味豊かな濃厚節系つけ麺!

次のキーワードもお試しください

お問い合わせ

お問い合わせ先 「宅麺.com」お客様サポートセンター 
住所 〒161-0033東京都新宿区下落合1-2-5第23鈴木総合ビル4F
サポート時間帯 平日10時-17時
お問い合わせフォーム お問い合わせ サポート時間帯:24時間受付
回答は翌営業日以降となります。