浜そば 浜そば(油そば)

カロリー控えめ!女性にもオススメの油そば

上質なコクと深みがあるがヘルシーな秘伝醤油ダレと、スパッとした歯切れの特製中太縮れ麺が特徴的。ジューシーな鶏の照り焼きも合わせると、麺・タレ・具全てがそろった「浜そば」のヘルシーでおいしい三重奏が口の中で踊りだす。

価格  830 (税抜)

数量

入荷通知はログイン後に利用できます
宅麺スコア
4.167
食べログ
ラーメンデータベース
76.693
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「浜そば」のこだわり

上質なコクと深みがある秘伝醤油ダレ

「油そばは油が命」と言い切る店主のこだわりの油は、うま味とリノール酸とオレイン酸ビタミンを多く含むブレンド油。この油は、体内に吸収されにくく多くが排出されるという、とてもヘルシーな油だ。そこに合わせる醤油ダレは、鶏ガラや豚のエキスを大量に抽出したしたもの。これらのブレンド油と醤油ダレを黄金比率で合わせることにより、醤油のとげとげしさが消え、油と醤油の旨味が口の中に広がる秘伝のタレが完成する。

スパッとした歯切れの特製中太縮れ麺

麺は名門製麺所・浅草開花楼の麺を使用。丸ちぢれ麺が特製ダレと良く絡む。開花楼ならではの心地の良い歯切れを是非堪能してもらいたい。温かいうちに勢いよく混ぜて召し上がって欲しい。

トッピングはジューシーな鶏の照り焼き

具材には鶏の照り焼きがセットされている。この鶏をしっかりとタレに絡めて食べてもらいたい。鶏の旨みが口の中に広がるだろう。「浜そば」は、是非お好みの具を加えてアレンジを楽しんで食べてもらいたい。その味のバリエーションは無限大。沢山食べても太りにくく、美味しくてやみつきになる「浜そば」を一度と言わず何度も試して、世界で一つのあなただけの一杯を召し上がって欲しい。

価格  830 (税抜)

数量

店主・店舗

店舗情報

店舗名 浜そば
住所 〒 113-0044
東京都文京区湯島3-46-2
電話番号 03-3831-0641
営業時間

[月-土] 11:30-27:00(LO 26:30)
[日祝] 11:30-24:00 (LO 23:30)

定休日

不定休

店主情報

三宮 賢治

好きなラーメン屋

魁龍
めん徳二代目つじ田

メディア掲載歴

Tokyo Walker
ラーメン店繁盛Book
近代食堂
めしとも
週刊大衆
他多数

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、タレ、鶏照り焼き、メンマ

内容量

総重量290g(麺200g)

原材料名

麺(小麦粉、塩、かん水、酒精、プロピレングリコール) / タレ(チキンエキス、ポークエキス、ラー油、醸造酢、植物油、糖類、塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素)

具材(鶏もも肉、メンマ)

(原材料の一部に小麦を含む)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2013-11-22 JOETOM (40代/男性)

5.0点
まぜそばで一番旨い

中年男性ですが、女性に限らず男性にもお薦めの商品です。
油そばはもともと好きでした。実際油そばをラーメン屋さんでもよく食べるのですが、本当に美味しい店は数少ないです。ましてや通販ともなると、なかなか美味しいものに巡り会いませんが、通販商品の油そばでは間違いなく一番美味しいです。
油そばはある意味通販に一番適したジャンルだと思うので、宅麺さんでも色々なまぜそばを食べてみたいと思います。

2013-11-25 ナキ (30代/女性)

5.0点
ゴワゴワ麺に甘辛ダレ

油そば未経験の私が出会った最初の油そばです。油そばと言えば、文字通り油っこいイメージしかありませんでしたが、少なくとも浜そばは違いました。むしろスープがなくスープを飲むこともありませんし、さまざまな野菜をトッピングに加え非常にヘルシーにいただけるものだと知りました。デフォルトのトッピングで美味しい鳥の照り焼きも同封されてますし、かなりオススメの商品です。個人的に半分くらい頂いたら、キムチとマヨネーズを加えて味変させて食べるのが最高に好きです

2013-11-20 ペット (30代/男性)

5.0点
クセになる味

今まで頼んだ宅麺の数多の商品の中でも指折りのリピート回数頼んでいるお気に入りの商品。さっぱりしていてしつこくないのに、旨味はこれでもか!!!とガツンと来る、やみつきの味。添付されている照り焼きチキンもたまらないマッチング。トマトや水菜やもやし、ナッツなど大量に投入してワシワシ食べるのが最高。途中で味の変化を楽しみたければお酢やキムチを入れるのがオススメ。ワシワシの主役は、やはり麺。お湯に投入してからカウントし始めマニュアル通りの時間湯がくのが個人的オススメです。

全てのレビューを見る