極楽汁麺 百麺 豚骨醤油ラーメン(替玉付き)

2種類の麺を楽しめる!極上の王道・豚骨醤油ラーメン

豚骨のガツンとくるインパクトがありながらも、クドさを感じさせないコクのある濃厚な豚骨醤油スープは、大量の鶏と豚のガラを17時間以上煮込んで作る極上のスープ。また、太麺と細麺の2種類を同封しているため、一杯で2度楽しめます。

価格 1,000
(税込1,080円)

数量

宅麺スコア
4.351
ラーメンデータベース
75.929
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺
この商品の特徴

「極楽汁麺 百麺」のこだわり

THE・横浜家系 THE・豚骨醤油 

スープは王道の豚骨醤油。鶏や豚の様々な部位のガラを、毎日100キロ以上も使用し、17時間以上炊いて作り出す濃厚なスープは、少しとろみがあり、豚骨がガツンと来るインパクトのある味ながらも、クドさを感じさせないコクとキレのある仕上がり。鶏と豚のコク・深み・旨みを極限まで凝縮した極上のスープと言える。乳化したスープ、仕上げに垂らす鶏油、スープに浮かぶホウレンソウは横浜家系の特徴。ニンニク・ノリ・豆板醤など、お好みでアレンジしてあなただけの一杯を作ってください。

プリプリ太麺とツルツル細麺の2種類の麺を楽しめる!

麺は、製麺所に特注し、2種類の国産小麦をブレンドして作った百麺オリジナルの麺。「この麺でないと百麺のスープに合わず、美味しくない。」と店主に言わしめるまさに百麺だけのオリジナル麺。 今回は特別に、太麺と細麺の2種を同封。まずはプリプリっとした太麺でお召し上がり頂き、次に替え玉としてツルツルとした細麺をお楽しみ下さい。

58種の麺と33種のスープから選んだラーメンの結論

約100種類の麺とスープから、最高の組み合わせを選んだ一杯、それが「百麺」である。厳選した豚骨と鶏ガラから作った極上のスープ、特注のシコシコ太麺と極細麺。生粋の料理人である店主が見出したラーメンの到達点。目指すのは「毎日食べても食べ飽きない味」。まさに“極楽汁麺”との名にふさわしい極上の一杯である。

価格 1,000
(税込1,080円)

数量

店主・店舗

店舗情報

店舗名 極楽汁麺 百麺
住所 〒 156-0053
東京都世田谷区桜3-18-9
電話番号 03-3420-1273
営業時間

11:00~25:00

定休日

店主情報

宮田朋幸

好きなラーメン屋

えにし 戸越銀座

受賞歴

第1回 お取り寄せ家系ラーメン オブ・ザ・イヤー 2017 第5位 

第4回 お取り寄せラーメン オブ・ザ・イヤー 2014 豚骨部門賞 第1位

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、具入りスープ(チャーシュー)、具材(ホウレンソウ、ノリ)

内容量

総重量600g(麺150g×1、110g×1)

原材料名

具入りスープ(豚骨、鶏ガラ、豚肉、昆布、ネギ、醤油、塩、鶏油/調味料(アミノ酸等))麺(小麦粉、デンプン/かん水、着色料(クチナシ))、具材(ホウレンソウ、ノリ)
(一部に小麦・豚肉・鶏肉・大豆を含む)

栄養成分表示(100g当たり)

熱量241kcal
タンパク質8.0g、炭水化物29.4g、脂質10.2g、食塩相当量0.67g
(サンプル品分析による測定値)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意ください。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないでください。

宅麺レビュー

2022-05-30 けんちゃんワン (50代/男性)

5.0点
美味いとんこつ

青菜まで入っていたのは、素晴らしいと思います。チャーシューも非常に美味いです^ ^
替玉はうれしいけど、僕の年齢ではちょっと多いかなとは思います。
とにかく、いいラーメンだと思います!

2022-02-13 元料理人で現コンサルなラヲタ (40代/男性)

5.0点
家系ではないが確かに家系っぽくなっていた

地元のお店なので20年以上前はたまに行っていましたが、経営が変わってからは食べていなかったので、久々に頂いてみました。
百麺は「58種類の麺と33種類のスープからベストの組み合わせで生み出したオリジナルの味」というコンセプトからも分かる通り、家系というジャンルではなく、久留米式の呼び戻し製法による臭いの強い豚骨醤油スープと2種類の麺と沖縄風ラフテーと餃子がウリのお店でした。百麺側も家系を標榜しておらず、いつから家系にグループ分けされてしまったのかは不明ですが、味的にも家系では無かったと記憶しています。
ただ経営が変わってから味に調整が施されたようで、久々に頂いてみたら昔の百麺とも誠屋とも結構違い、臭いも大分抑えられ、家系っぽい味に寄せられているなぁ、確かにこれなら家系亜流にジャンル付けされても仕方ないかなぁと率直に思いました。
そして純粋に味だけで言うと、昔より今のほうが美味しくなった気がします(笑)麺も丸山でしたっけ?色々気になったので、地元のお店にも久々に行ってみようと思います。
ちなみにほうれん草はスープと別パックで、結構な量が入っていました。地味に嬉しいサービスです。

2021-09-15 まる (50代/男性)

5.0点
2度楽しめる

しょうゆの味が立ってないマイルドな豚骨スープなので、太麺で頂くと家系ラーメンとして楽しめて、そのあとに替玉の細麺を頂くととたんに豚骨ラーメンとして楽しめる。麺の違いでこうも変わるのかなと驚いた。太麺の家系バージョンでトッピングのノリとほうれん草を頂き、細麺の豚骨ラーメンバージョンには追加トッピングでゴマとキクラゲ、味つけ玉子をぜひ。

全てのレビューを見る