すずき家下永谷2号店 子豚ラーメン

家系と二郎系の進化系ハイブリッドラーメン

ラーメン激戦区環状2号線沿線で人気を博す「すずき家下永谷2号店」。有名店で15年修行し、独自の研鑽により昇華した技術で作られる二郎インスパイア!豚の旨味が抽出したスープは、ニンニクとの相性抜群!

価格  980 (税抜)

数量

入荷通知はログイン後に利用できます
宅麺スコア
3.75
食べログ
ラーメンデータベース
77.031
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「すずき家下永谷2号店」のこだわり

進化し続ける人気店

ラーメン激戦区と呼ばれる環状2号線に面し、数多のラーメン店が並ぶ一画に、「すずき家」の2号店として2014年開店した「すずき家下永谷2号店」。横浜の家系ラーメンの銘店で15年修行した店主が、さらなる進化を求め二郎インスパイアの人気店にラーメン作りを学び、家系と二郎系の進化系ハイブリッドラーメンを完成。修行元の味を受け継ぎつつ店主の理想を追求し、独自の進化を遂げた豚の旨味かつキレのあるスープが特徴となっている。

配合と炊き方を変えた改良スープ!

「すずき家」ではクリーミーな豚骨スープを作るため、豚頭を主とした豚骨を毎日10時間以上強火で煮込んで、臭みをとばしコクとうま味を引き出して作られていた。今回「すずき家下永谷2号店」では、今まで培った豚骨炊き出しの経験をそのままに、使用する部位・炊き方を大幅に改良し家系と二郎インスパイアを掛け合わせた、まったく新しいスープに仕上がられている。豚のゲンコツにロースを掛け合わせ炊き出されるスープは、力強さとフレッシュなキレのあるスープへと仕上がれられる。

麺・スープ・具材が三位一体となった一杯

「すずき家」の麺は二郎インスパイアに合う麺を求め、特製の中太平打ち麺を使用。力強いスープに負けない、食べごたえを感じられる麺に仕上がっている。また、加えられるトッピングの自家製チャーシューは、煮る時間等研究し箸でほどけるやわらかさ。茹で野菜と刻みニンニクを大量に入れ、ジャンクに食べるのがおススメとなっている。麺・スープ・具材すべてを店主が一番おいしいと思うタイミングで仕上げる三位一体のラーメンとなっている。

価格  980 (税抜)

数量

店主・店舗

店舗情報

店舗名 すずき家下永谷2号店
住所 〒 233-0016
神奈川県横浜市港南区下永谷3丁目4−3
電話番号 045-390-0627
営業時間

11:00~22:00

定休日

木曜日

店主情報

鈴木 秀志

好きなラーメン屋

メディア掲載歴

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、具入りスープ、具材(味付きあぶら)

内容量

総重量500g(麺200g)

原材料名

麺(小麦粉、かん水、酒精、食塩、ソルビトール、打ち粉(澱粉)) / スープ(チャーシュー(豚肉)、豚骨(げん骨)、豚背油、豚肉、醤油、調味料(アミノ酸等))具材(味付きあぶら(豚背脂))(原材料の一部に小麦、豚、鶏、大豆を含む)※麺の製造ラインにて卵を含む商品を製造しているため、一部混入する恐れがあります。

賞味期限

原材料表記枠外に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2020-10-20 mourre (20代/男性)

5.0点
家系と二郎のハイブリット…! 美味しい!

黄金スープ! 家系と次郎の組み合わせだと…! それは食べたい、食べた。美味しい! 豚骨スープが喉に染み渡る! もう美味しい!

2020-04-07 少しN氏 (30代/男性)

5.0点
うまい

***屋を思い出すスープにインスパイアとしては細めの麺。
うまかった。

2019-11-20 kenken (40代/男性)

5.0点
麺の形が家系っぽい二郎インスパイア

すずき家の出身である壱六家は家系直系で修行経験の無い模倣店で、「壱系」と呼ばれる家系インスパイアです。
味も直系とは別物でクリーミーなポタージュ風スープ(CPS)が特徴ですが、今は町田商店や壱角家、日の出らーめん等の資本系が全国にFC展開しており、この似非家系のCPSこそが家系の味と誤認されている方も多いようです。
因みに宅麺商品内では、同じ壱系の大津家が神豚という二郎インスパを出していたり、ちばからが二郎系×家系(×天一)のハイブリッドと呼ばれていたりしますが、これらがド乳化スープなのに対し、すずき家の二郎インスパは醤油ダレが強い黒みがかった微乳化豚骨スープで、多めの液体油は鶏油ではなく豚背脂。
麺はツルツルの舌触りや細さは壱系っぽいものの味・食感は二郎チックなオーション使用の低加水麺で、短くない普通の長さ。
ブタは臭みがあるものの軟らかく煮られた厚さ3mm程度の腕肉が1枚、付属の味付背脂はやや硬めで細かく刻まれており富士丸系とはまた違ったタイプ。
壱系CPSとも異なり、麺の形状以外は全体的に二郎インスパですが、この麺とスープの取り合わせは遊び心が感じられて個人的には楽しめました。

全てのレビューを見る