らーめん侘助 醤油らーめん

北の大地北海道を代表する銘店が作る至極の醤油ラーメン

素材本来の味にこだわり化学調味料を使わないラーメンで幅広い世代からの支持を得る「らーめん侘助」。札幌のみならず北海道を代表する銘店。鶏ベースのスープに魚介や野菜を加えた、素材本来のコクと旨味を堪能できる一杯。

価格  980 (税抜)

数量

入荷通知はログイン後に利用できます
宅麺スコア
3.813
食べログ
ラーメンデータベース
78.371
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「らーめん侘助」のこだわり

札幌を代表する銘店が放つ渾身の一杯

札幌市東区にある無化調自家製麺の店『らーめん侘助』。スープと麺にとことんこだわり続け最高の一杯を提供し続けている。古民家風の店内は温もりと優しさに満ち溢れており、店内は常に地元の侘助ファンや遠方から足を運ぶ人で賑わっている。「数ある料理の中で、それら全てを吸収してしまう食べ物、それがらーめんだと思います。国民食でもあり奥が深い。これからも一生をかけて美味しいらーめんを追求したいと思います。」北の大地で繰り広げられる店主・光畑氏の果てしない挑戦は今も続いている。

魚介系と動物系のダブルスープは旨みとコクが感じられる

幅広い世代から支持を得ている無化調ラーメンの銘店「らーめん侘助」の原点でもある醤油らーめん。魚介系と動物系のダブルスープとなっており、煮干の風味がしっかりと感じられるあっさりスープは、食材本来の味にこだわる事で、化学調味料を一切使用せずに作られているため、一口飲めば喉越しも良く、後味もすっきりしている。深い旨みとコクが十分に感じられるスープとなっている。

歯ごたえ十分の自家製麺に豊富なトッピング

「らーめん侘助」で使用する自家製の中太麺は、適度な歯ごたえがあり、つるりとした弾力が楽しめる。北海道産のもち豚を使用し作られるチャーシューは、締まった肉のジューシーな旨みが口の中一杯に広がる。さらに3日かけて塩抜きするメンマは大ぶりながらも、食べやすい食感となっており、満足する事間違いなし。残ったスープにご飯・生卵を入れておじやとしても楽しめるなど、最後まで余す事なく食べられる一杯だ。

価格  980 (税抜)

数量

店主・店舗

店舗情報

店舗名 らーめん侘助
住所 〒 065-0021
北海道札幌市東区北21条東16丁目2-29
電話番号 011-807-7149
営業時間

[平日]11:00-15:00、17:00-20:00
[土日祝]11:00-15:00

定休日

木曜

店主情報

光畑健

好きなラーメン屋

井出商店、麺屋三四郎

メディア掲載歴

週刊大衆、じゃらん、HOKKAIDOWalker、ラーメンWalker、POLOCO、るるぶ他雑誌多数
どさんこワイド、いちおし!、旅コミ北海道他TV多数

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、スープ、チャーシュー、メンマ、ナルト

内容量

総重量550g( 麺145g)

原材料名

麺(小麦粉、塩、かん水) / スープ(丸鶏、もみじ、豚足、玉葱、ニンジン、ネギ、醤油、豚肉、豚背脂、ざらめ、豚脂、煮干、サバ節、昆布具材(チャーシュー(豚肉)、メンマ、ナルト(魚肉、卵白))(原材料の一部に小麦、卵、大豆、豚肉、鯖を含む)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。 ◆賞味期限内にお召し上がりください。 ◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。 ◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2017-10-12 ten (50代/男性)

5.0点
なんだこの出汁!美味い!

宅麵一驚いた一杯かもしれない。
言葉のうたい文句はよく聞くけど、他のと全然違います。
魚介の味ですけど、貝を思わせるようなうま味があります。
何回も何回も味を確かめたけど。。。このうま味はどっから来るんだろう?本当に貝入ってないのかな?魚粉をただドバっと入れた良くあるやつとは雲泥の差。
麵はあまり好きでないのびやすい麵でしたが、バランスがいいので問題なし。チャーシューとの相性もばっちりでした。
説明書きにもありましたが、固めに茹でるとばっちりです。
醤油がたった少々濃いめのスープでしたが、僕は珍しく汁完でした。美味かったです。間違いなくリピします。

2018-09-11 mourre (20代/男性)

5.0点
美味しい、革新!

科学調味料を使わずにこの旨味が出る? いいね、思ったより味が濃くて良かった。

2020-06-15 kenken (40代/男性)

5.0点
鶏白湯に煮干がキラキラと光る優しい無化調スープ

スープは鶏白湯と煮干がベースとなっており、鯖節は弱めながら魚粉感のあるタイプです。旨味はやや少なめでコクも薄いですが、野菜や砂糖の甘味を底上げに使う事で旨味が強いように感じさせるというカラクリが施されており、柚子ピールの清涼感でクドさは緩和されていますが、喉の奥に酸味と甘味が若干残ります。
麺は全粒粉の低加水中太ストレートで、伸びやすいため硬めに茹でないとコシが弱くなりますが、モチモチの弾力はスープと良く合っています。
付属トッピングはやや幅広のメンマが3本に鳴門巻きが1枚と、チャーシューは繊維質が強くギシギシと噛み応えのあるモモスライスが1枚。
全体としては、スープには色目ほどの濃度もなく出汁の片寄りもないので、老若男女に愛されるタイプだと思います。

全てのレビューを見る