中国菜老四川 飄香(ぴゃおしゃん) 正宗担担麺(成都タンタン麺)

人気の本格高級四川料理店が誇る看板メニュー

シンプルにして、高級食材の味わい、香りを十分に堪能出来、驚くほど味に奥行を感じさせてくれる。中国四川省まで食材を買い出しに行くほどこだわった、ワンランク上の高級四川料理店の担担麺を是非お試し下さい。

価格  1,280 (税抜)

入荷待ち
入荷通知はログイン後に利用できます
宅麺スコア
3.111
食べログ
ラーメンデータベース
0.0
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「中国菜老四川 飄香(ぴゃおしゃん)」のこだわり

四川料理の先駆け!超人気高級店!

100年以上前に、四川にて誕生して以来、地元民に未だに愛され続け、数多くの専門店も存在する「担担麺」。日本人の好みに合わせていった、現在日本国内で主流となっている濃厚な味付けではなく、現地の味をそのままシンプルにストレートに表現したのは、飄香(ピャオシャン)の汁無し担担麺だ。シンプルこそが、ベストであり難しい、といった店主の理念のもと、食べ薦めるほどに、その奥深い味わいに魅了される。

妥協なし!徹底した素材へのこだわり

香りの良い自家製ラー油に使用する香辛料のため、本場四川省まで買い付けに行くというから驚きである。香辛料の種類の多さ、鮮度が日本国内で入手できるものとは格段に違うという。10種類以上の香辛料を混ぜ合わせ、複雑な香りに加え、奥深い味わいを生み出している。味だけでなく、本物の四川料理を通して四川を伝えていきたい、というオーナーシェフの高らかな志が込められた一杯です。

完成された上質な香り、うまみ、コク

老鶏のみから取る清湯スープは黄金色に輝き、雑味の一切ない上質な旨みとなる。その透明感の中に、上品な痺れと旨みが嫌味なく融合する、人気中華料理店ならではの高級な味わい。卵白が含まれるマイルドでコシのある麺。更には、カリカリの食感を楽しめるようしっかりと焼きこまれた肉みそは、引き出された甘みとラー油の辛さがバランスよく融和されている。文句なし!完成度抜群の逸品です。

店主・店舗

店舗情報

店舗名 中国菜老四川 飄香(ぴゃおしゃん)
住所 〒 106-0045
東京都港区麻布十番1-3-8 FプラザB1
電話番号 03-6426-5664
営業時間

11:30~L.O.14:00 
18:00~L.O.21:30

定休日

月曜日、第1・3火曜日

店長情報

井桁 良樹

好きなラーメン屋

-

メディア掲載歴

きょうの料理
NHKあさイチ
マツコ&有吉かりそめ天国 
duncyu
読売新聞  
料理通信  
料理王国
他TV、雑誌多数

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、タレ、肉味噌、ピーナッツ、松の実

内容量

総重量160g(麺95g)

原材料名

麺(小麦粉、塩、コーンスターチ(打粉)、かん水、プロピレングリコール) / タレ(スープ(老鷄)、辣油、醤油、砂糖、酒、芝麻醤(ゴマペースト、ピーナッツペースト)、黒酢、芽菜、大蒜、香辛料(唐辛子、花椒、陳皮、山奈、砂仁、カルダモン、八角、桂皮)

具材(肉みそ(豚肉、牛肉、大豆油、甜麺醤、醤油、酒、生姜)、ピーナッツ、松の実)

(原材料の一部に、小麦、落花生を含む)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2013-12-19 ☆ラム☆ (30代/女性)

5.0点
う、旨すぎる。。

こちらの坦々麺、ちょと他では味わえない美味しさです。

数十種の香辛料が複雑に絡み合い、香り高く奥ぶか~い味わい。
食べ進める毎に、山椒のほど良い痺れがたまりません。
そして止まりません。。。
あっという間に完食!!

四川省で食べた坦々麺を思い出します。まさに本場の味。(辛さはやや抑えめなので、激辛が苦手な私でも大丈夫でした。)

こんなハイレベルなお味を自宅で楽しめるなんて最高です。
ご馳走様でした!!

2020-02-08 kenken (40代/男性)

5.0点
担担麺というか四川麺

こちらの担々麺にはタレに甜醤油、紅油は一滴香、唐辛子は朝天椒、酸味には芽菜と、日本では一般的ではない食材が数多く使われており、オーソドックスな四川風担々麺をイメージしていると繊細な味付けと鮮烈な香りに違和感を覚えると思います。
味は甜面醤と紹興酒で炒められた合挽肉の炸醤がコクと旨味を、朝天椒や花椒、陽春砂、八角、肉桂など複数のスパイスが刺激と清涼感を与えています。
ただ内容的には素椒面や宜賓燃面などの要素も組み合わせたようなアレンジ性があり、成都の正宗担担麺というよりは四川で人気の麺料理のMIXといった感じがします。
また油ギトギトという声もありましたが、油量は一般的な汁なしと同程度で、後味はむしろスッキリとしていました。
値段は赤坂・六本木の準高級店でも麺類の単品価格1,300円超えは普通ですので、この内容であればサービス料が含まれない事を加味しても妥当な価格のようにも感じますが、量を重視する方にはCPが悪く感じられると思います。

2014-01-05 ヤフーのラブリー (未回答/未回答)

4.0点
店内で食べるのと同じ価格

少し薄味ですが、繊細な味付けを感じます。高級店の本格四川料理を家庭で食べられるなら安いと思うべきか、土地代も器代も人件費もかからないのだから、もっと安くして欲しいと思うべきか微妙な気持ちですが、一度食べて見たかったけど敷居の高い店だったので、自宅で気楽に食べられて良かったと思います。リピートは滅多に出来る価格ではありませんね!

全てのレビューを見る