中村屋 しょうゆらーめん

元祖「天空落とし」!炙りチャーシュー薫る絶品醤油ラーメンが登場!

その独特な湯切りスタイル「天空落とし」で名を馳せた創業者・中村栄利氏が手掛ける「しょうゆらーめん」が『宅麺.com』に登場!滋味深くもすっきりとしたスープに、歯切れのよい細ストレート麺が相性抜群。そしてなんといっても低温調理された炙りチャーシューは、中村屋ならではの一品。その香ばしさはスープにも広がり、噛めば噛むほど肉の旨味が押し寄せる。

価格 1,100
(税込1,188円)

宅麺スコア
4.583
食べログ
ラーメンデータベース
87.009
あっさり
こってり
薄味
濃い味
細麺
太麺

「中村屋」のこだわり

澄み切ったスープが特徴「神奈川淡麗系」のルーツ

あっさりとした味わいの澄んだスープが特徴である神奈川淡麗系ラーメン。そのルーツがここ『中村屋』にあることはラーメンフリークの間ではあまりに有名。高いレベルでバランスが保たれた動物×魚介のWスープは、まさに原点にして頂点というべきだろう。さらに、そのバランスを崩すことなく、香ばしさを加えてくれるのが中村屋謹製の炙りチャーシュー。低温調理で旨味を閉じ込め、しっとり仕上げられたピンク色のチャーシューは、一度に食べるのが惜しいほどの逸品。

上品な小麦の香りがたまらないパツパツ細ストレート麺

上品な淡麗スープに合わせるのは、これまた上品な小麦香る細ストレート麺。ぜひとも茹で上げたときに立ち昇る香りを確かめてほしい。主張し過ぎず、かと言って決して脇役ではない絶妙な立ち位置で中村屋のラーメンを完成させている。すすりごたえのある長さにパツッと歯切れのよい食感がなんとも心地良く、スープとの相性が計算し尽くされた麺をぜひとも味わっていただきたい!

米・NYにも店を構える稀代の名店が『宅麺.com』に登場!

創業者・中村氏は独学でオリジナルスープのラーメン作りを研究し、1999年、若干22歳で神奈川県大和市に『中村屋』をオープン。麺の入ったてぼを大胆に高く持ち上げ、一気に真下に落とす湯切りスタイルは「天空落とし」という名がつくほど有名になり、『中村屋』の代名詞となった。後に米・NYにも店舗を構え、世界に向けたラーメン文化の普及活動も精力的に行っている。味にうるさいニューヨーカーをも唸らせる名店の一杯をぜひご自宅でご賞味あれ!

店主・店舗

店舗情報

店舗名 中村屋
住所 〒 243-0432
神奈川県海老名市中央2-5-41イオン立体駐車場1F
電話番号 046 233 7278
営業時間

平日 11:00-14:30 18:00-21:00
土日祝日 11:00-21:00
※スープ切れ次第、営業終了

定休日

なし

店主情報

中村栄利

好きなラーメン屋

麺工房 隠國(旧:春夏冬)、とら食堂

受賞歴

商品内容

商品内容(入っているもの)

麺、スープ、チャーシュー&鶏油

内容量

総重量440g(麺130g)

原材料名

麺(小麦、食塩、卵白、かん水、酒精、着色料、加工でんぷん)、スープ(鶏ガラ、豚骨、煮干、しょうが、昆布、鰹節、鯖節)、チャーシュー&鶏油(豚肉、(醤油、みりん、中双糖、酒、にんにく、砂糖、塩、胡椒、鶏油、しょうが、昆布)(原材料の一部に小麦粉、大豆、豚肉、鶏肉を含む・工場内で乳製品を使った製造あり)

賞味期限

原材料表記枠内に記載(商品発送日より40日間)

保存方法

要冷凍 -15℃以下

使用上の注意

◆開封後はお早めにお召し上がりください。
◆賞味期限内にお召し上がりください。
◆湯煎時や麺茹での際は火傷には十分ご注意下さい。
◆電子レンジや直接火にかけての解凍は絶対行わないで下さい。

宅麺レビュー

2021-04-11 まなとの夢 (40代/男性)

5.0点
一線を画すラーメン

高座渋谷にあったころから何度か通ったお店です。スープがやはりほかの店にない味があります。チャーシューも別パックで、しっかり具のおいしさも味わうことができました。

2021-03-23 YS (未回答/男性)

5.0点
完成度の高い中華そば

細麺であっさりながら物足りないところはなく、大変完成度の高い中華そば。
お店で食べたのはだいぶ前ですが、お店の味そのままでした。また是非購入したいですね。

2021-03-17 kenken (40代/男性)

5.0点
超あっさり中華そば

高座渋谷の店に2時間くらい並んで以来の、約20年振りの中村屋です。
スープは魚介の主張は昔と変わっておらず、食べ始めは和風出汁のように節と煮干と醤油のまろみが強く押し寄せ、最後のほうになると鶏の風味とカエシの甘みが感じられるようになるなど、温度と共に変化していきます。
麺は昔は小麦粉の風味を逃がさないように真空ミキサーで製粉した真空平打麺ってのを使っていましたが、本品はコリコリと歯応えの強い角刃細麺が使用されています。天空落としは家だとお湯が跳ねるのでやりません(笑)
付属トッピングは炙りチャーシューと鶏油が同梱になっていますが、チャーシューは低温調理なので、コツとしては40度くらいのぬるま湯で解凍し、チャーシューと鶏油を別々の容器に移し、鶏油はレンチンで熱々のサラサラにしてからスープに浮かべると、両素材の長所を失う事なく頂けます。
熱湯で湯煎すると低温調理が台無しになり、チャーシューから溶けた豚脂が鶏油に混ざるのでやめたほうがいいです。
といっても鶏油は豚と同梱のため既に純度が低くもったりしており、香りもあまり活かされていません。厚めの肩ロースチャーシューは香り穏やかで、味も強めに染みており、もっちりしっとり軟らかな食感です。
思い出補正は無しで、とにかくあっさりとした魚介香る昔ながらの醤油ラーメンといった感じです。当時は塩がウリだったから、あんまりピンと来なかったかも・・・。昔の中村屋で超絶並んだ経験をお持ちの方は、古き良き平成に想いを馳せつついかがでしょう(笑)

全てのレビューを見る